銃器ネタ

「ゆうれい将軍」と彼のガン(MAT49&ルガーP08)

今月の「望月マニ也」は、TAKUYAさんの「ワイルド7・メンバーのハンドガンたち」だ。望月作品に登場するガンは、それを手にするキャラクターを引き立てるデザイン、性格のものが選ばれている。そのことが改めて良くわかる内容だった。

「ワイルド7・メンバーのハンドガンたち」
http://wild7.jp/4019

先生の作品ではガンのキャラクター性が重視されているので、考証面は二の次になっている。しかし考証・リアリティにとらわれ過ぎると絵的に面白い作品にならないので、この考え方は正しいと思う。「個性的なガン」は望月作品の魅力にもなっている(子供にも分かりやすい)。

さて、ここで私も「望月キャラクターとガン」というテーマで考えてみたい。ただし、私の場合はサブキャラクター(悪役)の方だ。

まず、思い浮かぶのが「誘拐の掟」に登場する「ゆうれい将軍」の得物、「MAT49」「ルガーP08」だ。


「ゆうれい将軍」は、ワイルド7の大ファンでもある東本昌平さんも「好きなキャラ」にあげている名悪役。彼は常に冷静な知能犯であり、犯罪のスケールは国家レベルという大物。手口は実に鮮やかでスマート、憎いほどの「役者」である。「神出鬼没の大物」というイメージをシンプルに表したネーミングも素晴らしいと思う。

そんな「ゆうれい将軍」が使用したサブマシンガンが、フランス製の「MAT49」。このガンは元々小型だが、マガジンハウジングが前方に畳め、ストックも伸縮できるので隠すには最適だ。そして何よりも、フランスのエスプリ(?)を感じさせる端正でシンプルなデザインが「ゆうれい将軍」のキャラクターにぴったりである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/MAT_49

「ゆうれい将軍」はイキナリこれをぶっ放して、変装した警官を射殺。極めて印象的にハイジャックの現場に登場する。そしてこのガンを使ってタラップ車のドライバーを脅迫、まんまと空路で逃げ失せる。一連の行為に使われたこのガンの印象はとても強く、これにはガンのデザインも一役買っていると思う。

そしてピストルは「ルガーP08」。このガンほど気品に満ちたデザインのピストルはないだろう。「ゆうれい将軍」が持つのにまさに相応しい。気品はあるが、見る角度によってはゴツさもある。この2面性も「ゆうれい将軍」のイメージに繋がるものだ。

「ゆうれい将軍」と彼のガンはお互いに引き立て合っており、両者のイメージが重なり合うことで、名キャラクターが生まれたのだと思う。

ゆうれい将軍と彼のガン








| | コメント (0) | トラックバック (0)

「タイガー陸戦隊」の十四年式拳銃

ひさびさの更新。「月刊望月三起也」2月号に、私が書いた「タイガー陸戦隊」が掲載されたので関連したネタを書きたいと思う。

作品紹介・タイガー陸戦隊
http://wild7.jp/3950

これを書きながら気づいたことがある。

私も周囲の少年たちと同様モデルガンにハマったくちだが、旧日本軍の「十四年式拳銃」だけは手を出さなかった。松本零士メカにも多数援用された、独特の美意識を感じるデザインが嫌いなわけではないのに、なぜが受け入れられなかったのである。友人が規制前の黒穴モデルを持っていて握らせてもらったりしていたが、顔がニンマリとはならず、逆に強ばってしまったのを覚えている。

その理由が、今わかった。この「タイガー陸戦隊」に出て来る「恐怖部隊のレストラン」のシーンがトラウマになっていたのだ。

この作品について書こうと思った時に、外せないシーンとしてまっさきに思い浮かんだのが、このシーン。日本兵が一般の民家に突然訪れ、壁に一発かます。すると途端に食事の支度が整えられるのだ。この衝撃的なシーン(小学生の自分にはそう思えたのだ)で使用されたのが、十四年式拳銃。「カッコいいメカニック」としての兵器の姿はそこにはなく、絶対的な権力の象徴、暴力の象徴としての生々しい兵器の姿がそこにあった。

思えば、これが軍用拳銃の典型的な使われ方なのではないだろうか?

軍用拳銃は、戦闘中に敵に向けられて使用されることは少ないと思う(戦車兵やパイロットなど、拳銃をメインウェポンとする兵を除いて)。占領下の民間人、捕虜、あるいは部下など、立場の弱い者に向け、威嚇・威圧に使われることの方が多いのではないか。あるいは自決用として自分に向けるか...。

敵国の拳銃は「敵軍」の象徴でもあり、戦利品としても価値が高かったと聞く。軍用拳銃は兵器、戦力としての価値以外の価値の方が高いように思う。これは銃剣にも言えると思う。銃剣は被占領民にとっては「占領軍の力の象徴」であり、弱い者への威圧に使われることの方が多いはずだ。

書いているだけで気が滅入って来る話だが、兵器を単純に、メカニックとしてだけ見ることは出来ないからしかたない。そして今にして思うが、私にこうした視点を与えてくれたのは、望月三起也先生のこの作品であるのは、間違いない。

望月先生には本当に感謝している。本当によくぞ描いてくれました!先生ほど、権力、暴力、兵器の怖さ、本質を描いた作家はいないと思います。

「タイガー陸戦隊」eBookJapan(電子書籍)
http://www.ebookjapan.jp/ebj/book/60015544.html

「タイガー陸戦隊」の十四年式拳銃
「タイガー陸戦隊」の十四年式拳銃


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョン・デリンジャーのウッズマン

来月日本公開のジョニー・デップ主演の映画「パブリック・エネミーズ」だが、主人公である伝説的ギャング、ジョン・デリンジャーが兄弟に渡したというコルト・ウッズマン(初期型)がオークションにかけられているようだ。

ニッケル・シルバー仕上げでスゲェカッコイイのだが、誰か落とさないか?(爆)
http://historical.ha.com/common/view_item.php?Sale_No=6021&LotIdNo=113009

こちらのページ(デリンジャー使用銃器の一覧写真)を見ると、別のウッズマンが写っている。ひょっとしたら映画にウッズマンが出て来るのだろうか?

http://www.nfatoys.com/tsmg/web/dillinger.htm

と思って調べて見たら、出て来ないようだ(残念)。
http://www.imfdb.org/index.php?title=Public_Enemies

このサイト、映像作品にあらゆる登場する銃器を解析しているのだが、非常にマニアックで感心する。「パブリック・エネミーズ」のFBIとのバトルシーンは凄まじいようだ。BARを使うなんてまさに「戦闘」。

デリンジャーの使ったハンドガンでスゴイのがあるなぁ。ガバメントのカスタムでトミーガンのフォアグリップとカッツ・コンペンセイターと拡張マガジンを付けた「マシンピストル」仕様。フルオート専用のようだが、自分でオーダーしたのだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛葉のスミス&ウェッソン

「魔像の十字路」で、飛葉がスミス&ウェッソンのリボルバー(M29=44マグナムかな?)を使うシーン。過去の記事(こちら)で、このガンの入手が「たいした意味がない」と書いたが、空港で一発ブッ放しており「武器」として一応役に立っている(脅しに使っているのだが)。しかし、これはどうも「こじつけ」という感じがするのだ。このシーンは「飛葉にいつもと違うガンを使わせてみたい」という先生の意図から生まれた流れではないだろうか? ワイルド側にコルトユーザーが多かった(恐らく先生の好みを反映しているのだろう)から、最終章でメンバーにS&Wを持たせてみたかった...そんな風に思うのだ。

「魔像の十字路」において、飛葉はヤマハのGX750やオフロード車のDTに乗っているが、これも同様の意図だと思われる(最終作戦の際にCBに戻っていたのは非常に嬉しかった)。
第1話「野生の7人」冒頭のギャングカー殲滅シーンで、飛葉はS&Wっぽいリボルバーをホルスターに納めているが、使用シーンはない。サムピース(スイングアウトさせるために押すボタン)が左右逆に描かれてしまっている。

さて、このリボルバーの表現だが、「S&W製」という特徴がうまく表現できていて感心する。コルトとS&Wの違いで真っ先に思い浮かぶのが、シリンダー(弾倉)の回転方向。コルトは右回転、S&Wは左回転である。飛葉が一発撃った後、撃鉄を起こしてシングルアクションモードにしている。当然、シリンダーは左方向に回転しているから、その部分の弾頭は発射されて無い。それがキチンと描かれているのだ。...というより、このコマは「S&Wのシリンダーは左回転」ということを表現したいがためのものではないかと思う。

こういう部分も含めて、先生のガンの表現は非常に素晴らしい。このベタの塗り分け方。写実的に描くだけでは表現出来ない質感、重量感が見事に醸し出されているし、ハッキリと作家の個性が出ている。「モノ」を描くだけで個性を出すことはなかなか難しいことだ。

さらに「推測」を進めてみよう。飛葉はこのガンで大臣護衛を射殺する際、すでに一発使用している。そうすると、このコマで見える下段の弾丸も無くなっているはずではないか?

これに関して、僕は「瀕死の刑事から予備の弾丸も預かった」と解釈している。そして、空港に至るまでの間(恐らくヘボピーからバイクを受け取った際)にすでに使用した分を補弾した、と考えている。根拠は、昨年ぶんか社から文庫判が出た「飛葉 もうひとつのワイルド7」において、傭兵メンバーの一人が、リボルバーを一発発射したあと直ちに補弾するシーンが出て来るから。それが「かなりの現場ふんだ証拠」と評価されている。飛葉もそういう男だ。

そして、このシーンで飛葉と対峙している空港警察の係長。飛葉の脅迫にも動じない、職務に忠実、頑固一徹のナイスガイだが、S&Wを譲り受けた殉職刑事とタイプが似ている。世間は「秘熊の世」になりつつあり、職務を曲げて大勢になびく者も珍しくない。そんな中で気骨のある者も各所にいる...ということを表現したかったのではないだろうか。


飛葉のスミス&ウェッソン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対戦車ライフルの使用とカスタマイズ

ワイルド7は後世の漫画・アニメ作品に広範な影響を与えた名作だが、その偉大な功績のひとつとして「対戦車ライフルを漫画作品に登場させた」ことがあげられるだろう。「コンクリート・ゲリラ」(1970-71)において飛葉大陸が米軍車両の狙撃に使用したのがそれだ。現在の漫画、アニメ、ゲームにおいて、対戦車ライフル(超長銃身のライフル)は銃器キャラクターの定番の一つと言っていいが、それらすべての元祖がワイルド7だと考えている(ゴルゴも対戦車ライフルを使用しているらしく、どちらが嚆矢であるのか今後研究していきたいと思っている)。

ワイルド7執筆時と現在とでは、ガン・ミリタリー関係の情報量がまったく異なっている。それを背景に近年のアクション漫画には多くの銃器が登場し、描写も細密だが、どこか「銃器図鑑からの引き写し」という感も無きにしもあらずだ。情報量が多くなると情報の消化に追われ、創意工夫やイマジネーションが低下するという傾向があるのではないだろうか?

しかし、望月先生は違う。警察機関の隊員が対戦車ライフルで長距離狙撃を行うという、現実世界を含めても前代未聞の先駆的描写がされただけでも画期的であるが、作品に登場した対戦車ライフル(イギリス軍のボーイズ対戦車ライフル)が、かなりのカスタムモデルであり、「銃器図鑑からの引き写し」では決してないのだ。

対戦車ライフルは第2次世界大戦の序盤までは有効な兵器だったが、戦車の重装甲化が進んだ中盤以降は兵器としての有効性を失い、その後は長らく「忘れられた兵器」として歴史の中に埋もれていた。長大な射程と強力な破壊力を持った大口径ライフルの必要性が再認識されたのは1980年代以降であり、「対物ライフル」として開発が再開され、軍、対テロ特殊部隊、警察(SWAT)などに配備されるようになった。飛葉の狙撃から10年以上も経ってからのことだ。

飛葉が使用したボーイズは、ナナハンでの運搬に考慮し、ガンを上下に分割、積載出来るようになっており、ストックはオリジナルだ。また、キャリングハンドル兼スコープマウントを中央上部に配置したためボックス型のマガジンが装着できなくなり、一発ずつ手で装弾する仕様になっている。速射性より運用面(可搬性)を重視したカスタマイズであり、説得力がある

このライフルは、「谷間のユリは鐘に散る」(1973)で、ユキのドゥカティに搭載されて再登場する。第2次世界大戦でイギリス軍はこのガンをユニバーサル・キャリア(キャタピラ式汎用小型運搬車)に搭載したが、ワイルド7ではバイク、しかも紅一点のユキの得物として登場する。物凄いイマジネーションである。

さて、このバイク搭載型ボーイズだが、狙撃仕様とはまた異なったカスタマイズが施されている。バイク上での取り回しに考慮したと思われるが、ストックがピストル型グリップに変更されている。ボーイズの駐退復座機(射撃時の反動を軽減するための装置)はストック部分に格納されている(YouTube動画を参照)ため、バイク搭載型では行き場を失った駐退復座機が省かれているようだ。その結果、ガンの反動が大きくなったことが、キチッと描写されているところが何とも素晴らしい。ユキが射撃した後、ドゥカティが ズズズ と反動で後退しているのだ。飛葉の狙撃シーンと比較して欲しい。

(畏れながら)ひとつ注文をつけるとすると、作中でユキがスコープを使用したシーンがないので、これを取り外してオリジナルのボックス型マガジンを復活させても良かったのではないだろうか。バイクを操縦、戦闘しながら一発ずつ弾丸を取りだし、装填するのは非常に困難だろう。ちなみにユキの弾丸装填シーンや、巨大な弾丸をどこに格納しているのかについての描写は無い(飛葉使用時には描写がある)。


Sany0003
Sany0005
Sany0015


ボーイズ対戦車ライフルを小脇に抱える「リネット・ ビショップ」(ストライクウィッチーズ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガンの構えの「親指立ち」

望月先生公式ファンサイト「月刊望月三起也」の今月のコラム「ワイルド7と私のモデルガン物語」(ゲッコーさん執筆)において、ガンの構えの「親指立ち」について触れられていた。

「ワイルド7と私のモデルガン物語」
http://wild7.jp/1031

そうそう、この特有のポーズ。サムレスト付きのウッズマンだとこういう構えになるはずだが、個性的で非常にカッコイイと思う。僕もベビー南部でさっそくポーズを取ってみた。似てるかな? ガーン という擬音が聞こえてきそう?

Nanbu Nanbu2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

南部式小型自動拳銃(ベビー南部)

買ってしまった。マルシン製モデルガン。発火機能はないが、よりリアルなダミーカート仕様。ワイルド熱再発がモデルガン熱にまで飛び火(笑)。

この「南部式小型自動拳銃」(別名ベビー南部)は、八百が使用している「南部陸式拳銃」(別名パパ南部)のスケールダウンモデル。将校たちが自腹で護身用に購入したり、陸軍学校の成績優秀卒業者に「恩賜」されたりしたもの。本当はパパ南部が欲しかったんだけど、一回り小型のベビー南部しかモデルガンは出ていないのでこれにした。小さいけれどカタチやアクションは同じなので雰囲気は十分楽しめる。やっぱり金属製モデルガンはイイね。この重み、シャキーンという動作音。そしてボトルネック型を再現したダミーカートが素晴らしい。漫画と同じようなアングルで構えて楽しんでいる。

左右非対称の独特で繊細スタイル。奥ゆかしさ、品の良さ。日本の「美学」を感じるんだなぁ。望月先生が惚れ込むのも良く分かる。同じ南部でも十四年式はあまりピンと来ないのだが、この旧式の南部式拳銃はカッコイイ!

マルシンのカタログが付いてきたが、まだまだモデルガンがたくさんラインアップされている。頑張ってるんだね。ガスガンや電動式に押され、往時に比べるとモデルガンはマイナーな存在だけど、ガンの魅力にはモデルガンが一番近いと思う。

Sany0007a
Sany0007
Sany0019

参考HP:南部式拳銃(陸式拳銃)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~yon-yon/Nippon/Papa/index.html


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワイルドが小口径の小型拳銃を使う理由

これは、ワイルドを読み始めて誰もがすぐに思い付く疑問だと思う。主人公の飛葉大陸は、コルト・ウッズマンという22口径の競技用拳銃の短銃身カスタムを使用している。スターム・ルガーMk.Iも良く出て来るが、これも22口径の競技用拳銃でウッズマンの市場を奪ったヒット作。ウッズマンのターゲットモデルをヘボピーが使っているし、両国はエアピストルを使用している場面もある。八百は南部陸式拳銃(パパ南部)を使用しているが、これは有名な十四年式の前モデルで稀少品だ。8ミリ南部弾はコントロールしやすいが軍用拳銃としては威力不足と言われる(この弾丸は戦後米国でマニア向けに少量生産されたようだ)。

Photo_4

これらのガンの共通点は何だろうか。「銃身がスライドに隠れないデザイン」という意見も当然あるだろうし、先生の意図も実際のところその辺りにあると思うのだが、僕は「持ちやすさ」「扱いやすさ」という小柄な日本人にとっての実用性ではないかと考えている。

日本人が拳銃の導入、設計を検討する場合に、まず考慮しなくてはならないのは日本人の欧米人より小さい手、弱い腕力である。グリップがスリムで、小さな手、短い指でも使いやすく、反動も小さくなくては、とても実戦では使用できない。ワイルドのメンバーは非常に実用的な視点から、自らのガンを選んでいるのではないだろうか?

また、ウッズマンで言えば、小口径シングルカラムのスリムなマガジン&グリップでありながら10発という多めの装弾数も実戦では魅力的だ。構造が単純で、造りも堅牢のようだ。弾丸は初速が上がるように改良されているのではないか。「22マグナム弾」という強装弾が存在するようだが、高速小口径弾の人体へのダメージは大きい(体内で骨にあたると跳弾して弾道が変化するためダメージを増やすし、弾丸も体内に残りやすい)。

ヒーローの使う道具が「無敵のハイパワー」では盛り上がりに欠ける、という判断があったのかも知れない。「サーキットの狼」の風吹裕矢がポルシェに乗っていたのでは話を展開しにくいだろう。非力だがコントロール性抜群のロータス・ヨーロッパの方が主役に向いている。主役メカは、主人公の技術の高さを証明し、引き立てるような「道具」でなければならないのだ。 また、飛葉のもう一つの得物、ライエットショットガンの圧倒的な破壊力をより際立たせるため、メインウェポンの拳銃は非力なものにした、とも考えられる。なかなか深い!


| | コメント (0) | トラックバック (0)