« ワイルド7映画化への意見(コスチューム編) | トップページ | 映画「ワイルド7」全キャスト、隊服などが発表になる! »

ワイルド7映画化への意見(銃器類:その1)

さて、次はガンへのコダワリについて。

ワイルド7のメンバーはなかなか個性的なガンを使用しているが、同じ種類のプロップガンを用意するのは困難だと思う。

それを前提に、どうしたらガンで「ワイルド7らしさ」を出せるかを考えてみたい(もう決まっちゃってるとは思うけど、ファンとしてひとこと言わせて欲しい)。

まず主人公、飛葉大陸の使用するコルト・ウッズマン短銃身モデルとショットガンについて。

ウッズマンは22口径のオートマチック拳銃で、命中精度は高いが威力はない
短銃身としているのは「抜き打ち」を速くするための改造で、デメリットとしては射程距離が短くなっている(それを補うため、延長銃身のアタッチメントを持っている)。

ショットガンは、カウボーイの「サドルガン」(馬の鞍に装着したライフル)から発想された装備で、近距離では問答無用、必殺の破壊力を持つ

ウッズマンとショットガンの共通点は「短距離戦向き」ということで、この設定がストーリーの中に活きてくる。

ファンに最高人気のバトルシーン「地獄の神話」の「植物園の戦い」では、ライフル、マシンガンを装備した殺し屋「ライフルマン・ジョー」との対決が描かれるが、「長距離戦向きのガン(ライフル、マシンガン) vs 短距離戦向きのガン(拳銃、ショットガン)」という設定(戦いの構図づくり)が本当に見事だった。

(詳しくはこちら)
「植物園の戦い」から望月アクションの魅力を探る
http://wild7.jp/3866

これを「機動戦士ガンダム」で喩えると、近距離戦の絶対的な武器「ビームサーベル」が、飛葉の「ショットガン」に当たる。
主人公のメカは、やっぱり「近距離格闘戦向け」という設定の方が、ストーリーが盛り上がる。

「サーキットの狼」の主人公、風吹裕矢のマシンは、1600ccの「ロータス・ヨーロッパ」
非力だがコントローラブルなマシンで、大パワーのポルシェターボやカウンタックを打ち破る姿が実に爽快だった。

この「ロータス・ヨーロッパ」が、飛葉の「ウッズマン」に当たる。
主人公の操るメカは、「非力だがコントローラブル」の方が、ストーリーが盛り上がる。
主人公のテクニックや「戦術眼」がストーリーの中で活かせるから。

主人公のガンが「万能」だったらストーリーが作りにくくなる。

飛葉のガンが「低威力の短距離戦向き」だから、長距離戦向きのユキのドゥカティ(対戦車ライフル装備)やオヤブンのパイソン357マグナム(6インチの長銃身モデル)、両国のサイドカー(ロケット砲装備)という、仲間(チーム)が必要になって来るし、お互いにサポートし合う関係がストーリーに組み込める。

ガン設定もキャラクター設定の重要な一部分であり、望月先生はそのあたりのことも計算に入れて設定しているはずだ。

映画版のガン設定も、ぜひそのあたりを考慮して欲しい。

また。飛葉のウッズマンとショットガンには、象徴的な意味も含まれていると思う。

飛葉の魅力として、シャイな少年「飛葉ちゃん」と、ハードボイルドなワイルド7のリーダー「飛葉大陸」という、「強烈な二面性」を持っていることがあげられる。

「少年」と「ハードボイルド」。

この「少年」の部分を象徴しているのが「ウッズマン短銃身モデル」で、「ハードボイルド」を象徴する部分が「ショットガン」ではないかと思っている。

というのは、ワイルド7の続編で飛葉が持っているゴテゴテした拳銃(リブ付き銃身のもの)が、どうにも「飛葉」らしく感じられず、「なぜ飛葉らしく見えないのか?」と自問した結果、ウッズマン短銃身モデルの持つ「少年性」に気付いたからだ(←大げさw)。

僕が思うに、ウッズマン短銃身モデルの、あの小っちゃくてツルンとした「先っちょ」は、がきデカの「こまわり君」やトイレット博士のメタクソ団の連中が股間にぶら下げているモノに形態が酷似している。
つまりこれは「少年性の象徴」なのではないか...?

飛葉には、「飛葉らしいガン」を持たせて欲しいのである。

ショットガンは現代版らしく、ストックがフォールディングタイプだったり、あるいはセミオートのモノも良いだろう。基本的には何でも良い。

だが拳銃の方は、飛葉らしい「少年らしさ」を感じさせるシンプルな外観で、テクニックが活かせる、非力だがコントローラブルなモノ(小口径)でないと困る(もちろんオートマチック)。

それが満たされるなら、ウッズマンでなくても良いが、「ワイルド7らしさ」を出すには、銃身が露出したスタイルでなければならないだろう(結局、かなり限定されてしまう訳だが...)。

要するに、最近映画などで良く見かける、SIGやグロック、ベレッタM92とかじゃ、ぜんぜん「飛葉」にならないということなのである。「なぜウッズマンなのか」「なぜショットガンなのか」をキチッと考えてくれたら良いな、と思うのだ。

Hiba_woodsman

|

« ワイルド7映画化への意見(コスチューム編) | トップページ | 映画「ワイルド7」全キャスト、隊服などが発表になる! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ワイルド7実写映画化!」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
静岡のワイルドファンです。

ワイルド実写化に伴う銃器類やバイク、衣装に関するご意見、まったく同感です。

とはいえ、21世紀のこの次期に奇跡の実写化です。
かなり期待して待ちましょう(笑)。

投稿: MAMO3 | 2011年7月13日 (水) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101598/51026500

この記事へのトラックバック一覧です: ワイルド7映画化への意見(銃器類:その1):

« ワイルド7映画化への意見(コスチューム編) | トップページ | 映画「ワイルド7」全キャスト、隊服などが発表になる! »