« 望月三起也先生の新作「バサラ戦車隊」連載開始! | トップページ | 瑛太主演でワイルド7が実写映画化! »

月刊望月三起也の作品紹介に「生還」が掲載

「作品紹介」の方には、久々の登場になります。
月刊望月三起也 作品紹介「生還」
http://wild7.jp/4986

この「生還」という作品、30年あまりも単行本に収録されなかったため、知っている人も少ないんじゃないかと思います。でも、あの土山しげるさん(当時カエルぷろに在籍)が特に思い出深い作品としてあげているそうで、先生の「知られざる名作」と言えるかもしれません。

2003年に出た単行本は現在絶版中のようで、下記リンク(Amazon)等から中古で手に入れていただくしかないですが、ぜひ多くの方に読んで頂きたい素晴らしい作品です。

望月先生のライフワークは戦記物であるといって良いと思います。また「ワイルド7」など現代物の作品にも軍隊や軍に関係する組織(軍需産業等)が多く出てきます。

こうした作品の中で一貫して描かれる「ミリタリー」なものに対する先生の見方。態度(嫌悪)。僕はそこに共感し、強く魅かれるのです。

この「生還」は、「ミリタリー」のうちの「組織」の問題にフォーカスを当てています。そして、他の作品より、メッセージ性が強烈なのが特徴です。

先生の作品は、メッセージを正面から声高に叫ぶようなことはせず、あくまでも「物語」を優先させる傾向がありますが、この作品の掲載誌は「平凡パンチ」という青年誌だったこともあり、普段の戦記作品よりもメッセージ性が強く、「心理劇」と呼べるほど人間の内面を扱った作品になったようです。

そういう点で、この作品を「異色作」と呼ぶこともできると思います。


私の言いたいことはすべて「作品紹介」の中に書いてありますが、特に強調したいのは、この作品はテレビドラマや舞台の原作に使えるのではないか、ということです。

横井さん、小野田さんという誰でも知っている事件がベースですし(掲載時、小野田さん事件はまだ起きていませんが)、ここで描かれる「組織と人間」「人間の自由」の問題は、人間社会には普遍的なものです。

どなたか関係者の方、この作品の映像化、舞台化に取り組んでいただけないでしょうか...?

Seikan1
Seikan2
Seikan4

|

« 望月三起也先生の新作「バサラ戦車隊」連載開始! | トップページ | 瑛太主演でワイルド7が実写映画化! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ワイルド7以外の作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101598/49643715

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊望月三起也の作品紹介に「生還」が掲載:

« 望月三起也先生の新作「バサラ戦車隊」連載開始! | トップページ | 瑛太主演でワイルド7が実写映画化! »