« ジョン・デリンジャーのウッズマン | トップページ | 「タイガー陸戦隊」の十四年式拳銃 »

ワイルド7トリビュート第6弾 すぎむらしんいち版 見参!(「地獄のハイウェイ」)

昨日発売のヤングキング新年号で、すぎむらしんいちさんのトリビュート第6弾がお目見えした。

ロジャー・ゼラズニイのSF小説「地獄のハイウェイ」が下敷きになったストーリーで、その世界観にワイルドを乗せるのは面白い試みだと思う。僕は充分楽しめた。

復讐の女性戦士イサームというキャラクターは、すぎむら作品のキャラだそうだ。どうりで存在感があるわけだ。

飛葉が「優しさ」を見せるシーンがあるのだが、とても良かったと思う。これまでのトリビュートでは、飛葉の気の利いたセリフは無かったようなものだが、このシーンには「飛葉らしさ」が出ており、ファンとしてはとても嬉しかった。

「地獄のハイウェイ」の件だが、悪党のセリフの中に「地獄のハイウェイへようこそ」とあるし、荒涼とした無法のハイウェイを悪党がドライビングする特殊車輌が行き、道中で襲撃を受けてバトルになる....と言ったあたりがそれだ。オリジナルではペストの血清の運輸が任務だったが、今回はテロリストの細菌兵器を輸送していたようだ。

「地獄のハイウェイ」は、悪党が釈放を条件に国家的任務に就くという話だが、「超」が付くほど個人主義的な悪党が、危険だが社会的価値の高い任務とどう向き合って行くのか、逃げるのか、それとも生命の危険をおしてまで遂行するのか。そのあたりの心境の変化など、非常に読みごたえがあった。

悪党は生まれながらではなく、「環境」によってそうなる。孤独で誰からも期待されていないから個人主義者になる。結果、能力があってもそれが社会に正しく還元されず、犯罪に活かされてしまう。このような悪党に自己実現の場(任務)を与える話が「地獄のハイウェイ」であり「ワイルド7」だ。

荒涼とした無法のハイウェイは、悪党が生まれ育ったこれまでの「道」のメタファーと受けとめて良いだろう。

疑問もなく「義務」のために闘うエリートとは違い、個人主義者の悪党が「正義」の任務をこなすようになる。人との絆を取り戻していく。「成長」していく。そのプロセスが面白いし、読者の深い共感を生むのである。

今回、ヤングキング編集部よりメッセージがあり、このトリビュートプロジェクトはさらにパワーアップし、今後も進行していくそうだ。新年号から縁起が良い話で嬉しい。期待したい。

011
012


|

« ジョン・デリンジャーのウッズマン | トップページ | 「タイガー陸戦隊」の十四年式拳銃 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ワイルド7 トリビュート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101598/47024939

この記事へのトラックバック一覧です: ワイルド7トリビュート第6弾 すぎむらしんいち版 見参!(「地獄のハイウェイ」):

« ジョン・デリンジャーのウッズマン | トップページ | 「タイガー陸戦隊」の十四年式拳銃 »