« 飛葉のスミス&ウェッソン | トップページ | ワイルド7の「十字路」〜コンクリート・ゲリラ編 »

小学館の「原寸大漫画館」が発刊

小学館から原稿を原寸のまま使用した「原寸大漫画館」が発刊されるそうだ。
シリーズ第1弾は高橋留美子と水木しげるの両先生。内容的には1巻ものの選集のようだ。

名作マンガ、原寸大で 小学館が大判シリーズ
http://www.asahi.com/showbiz/manga/TKY200901200227.html

小学館「原寸大漫画館」
http://shogakukan-cr.jp/gensundai/

大変素晴らしい企画だと思う。望月先生の作品も、ぜひ原稿原寸大で読みたいものだ。

●扉絵再現
●雑誌掲載時ページネーション再現
●原稿原寸大の判型

この3点が揃えばファンも納得の「完全版」だろう。

収録作品だが、ワイルド7の最終回は外せないと思う。ストーリー的にも絵的にもマンガ表現の究極に近いレベルにあると思う。あの迫力を原寸大で読みたい!


|

« 飛葉のスミス&ウェッソン | トップページ | ワイルド7の「十字路」〜コンクリート・ゲリラ編 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学館の「原寸大漫画館」が発刊:

« 飛葉のスミス&ウェッソン | トップページ | ワイルド7の「十字路」〜コンクリート・ゲリラ編 »