« 小学館の「原寸大漫画館」が発刊 | トップページ | 秘密探偵JA ぶんか社文庫判にて刊行開始!! »

ワイルド7の「十字路」〜コンクリート・ゲリラ編

望月先生はあるインタビューで「ワイルドのメンバーは1年かけて殺すつもりだった」と語られている。「1年かけて」とはどういう意味だろう。いつの時点からの「1年」なのか?

初の殉職者が出た「コンクリート・ゲリラ編」は連載開始から既に1年と少しが経過しているから、「連載開始から1年」という意味ではない。とすると、「ワイルド7というチームが完成してから1年」と解釈するのが妥当だと思う。先に書いたように「コンクリート・ゲリラ編」の前の「誘拐の掟編」でチームとしてのワイルド7は完成したから、この「コンクリート・ゲリラ編」から「ワイルドを消していく1年」をスタートさせる構想だったのだと思う。

しかし、ワイルドは消えなかった。それはワイルドが今も消えていないのと同じ理由、つまり「読者がそれを熱望している」からである。チャーシューと世界の殉職に対して読者から抗議が殺到し、先生はワイルドが作者だけのものでなくなっていることに気付かれたそうだ。

もし、この「抗議」がなかったら、「コンクリート・ゲリラ編」の次に「魔像の十字路編」が来ていたと思う。「野生の七人編」「バイク騎士事件編」ともに闇の政治権力が絡んでいるし、「組織」のエージェント遠井弁護士も登場する。日本を乗っ取りを企む、この謎の「組織」は、秘熊の勢力と見るのが妥当だ。ワイルドの連載初期段階から「魔像の十字路編」すなわち「権力者との戦い」という、警察組織としては究極の状況設定が構想されていたと思われる。「魔像の十字路編」は、以後約10年「お預け」となるのだ。

ワイルド7が日本漫画史に残る長寿シリーズに発展したきっかけは、この「コンクリート・ゲリラ編」にある。またこれから述べるように、望月作品が漫画でも劇画でもない独自の作風を持つに至ったのもこの「コンクリート・ゲリラ編」からだと思う。以上2つの理由で、このエピソードが「ワイルド7の十字路」だと、僕は位置づけている。

望月先生のキャラクターの絵は、漫画の記号性を残している。そういう意味では「漫画」である。しかし、苛烈なストーリー展開、緻密を極めたメカニック、背景等の「脇」の描写は劇画を凌駕するレベルに達している。そして、その後のアニメーターたちにも大きな影響を与えたと思われる斬新な「動き」。これはキャラクターのパース、ポージング、コマ割り(カット割り)、破壊、流体等の動きの描写からもたらされるものだ。これらが総合されて、漫画でも劇画でもない、先生独自の世界が展開されているのだ。

こうした絵的な部分での独自性はすでに発揮されていたが、この「コンクリート・ゲリラ編」において、ストーリー面においても、劇画を超える表現がなされたと思う。その1つ目は、隊員2名の殉職の描写である。警察ものにおいて殉職シーンはおなじみのものであるが、チャーシューと世界のそれは、従来の作品とは一線を画すものだ。

初の殉職者であるチャーシューは、その死に際して、恐怖の表情を浮かべることも、悲鳴を上げることも叶わなかった。もちろん英雄的な死ではない。強大な敵にあっさりと「始末」されてしまうのだ。事故に偽装されて。そのあまりに呆気ない死に方、そして高熱のアスファルトを全身に浴びての焼死という壮絶さが、極めて衝撃的である。非常にあっさりとした展開だっただけに、読者への衝撃は大きかった。

そして世界。こちらはチャーシューとは正反対に、死への恐怖をたっぷりと味わう。苛烈な拷問に耐え切っての死。自らの肉体をメモ用紙がわりに使って。その死は非常に英雄的であるが、拷問を受ける彼の姿を、ゲリラに潜入していたヘボピーは眼前で目撃しながらも救うことは出来なかった。見殺しにしたのである。飛葉を始めとする仲間たちも助けに来ることは出来なかった。ヘボピーは自らの任務のために、耐えたのだ。この苛烈さは、少年漫画のレベルを完全に超えている。

2つ目は「拷問の描写」である。コンクリート・ゲリラ内で「大尉」と呼ばれる人物。組織への橋渡し役の大六タクシー13号車のドライバーであり、「拷問が何よりも楽しみ」という仲間内からも恐れられ嫌われる悪漢であるが、かつて少年漫画でここまで残忍なキャラクターが登場したことがあるだろうか? この男の一番イヤなところは、骨折かヒビかを確実に蹴り分けることが出来るというところだ。「人の痛め方を熟知したプロ」。こんな奴が漫画に出て来たことはないと思うし、以後の「拷問描写の第一人者=望月三起也」という評価のスタートになった(とんでもない)名キャラクターだと思う。

3つ目はゲリラハンター・ユキがらみの描写だ。ユキの悲惨極まりない過去話。そして、そのユキを任務として処刑しようとする飛葉の冷酷極まりない対応。「お前さんを射殺したらもうヒマだから、命乞いなら聞いてやる」とか「抵抗すると狙いが外れて苦しむだけだぜ」などと言っているが、これが少年誌の主人公の言うセリフだろうか? 間一髪で飛葉の銃口から逃れたユキだが、恋人の刑事に利用されたあげくに裏切られ、銃撃を受ける。こうしたストーリー展開は、もはや少年誌の世界ではない(キングの編集者は内容にはまったく干渉しないのか?)。

このように「コンクリート・ゲリラ編」は、ストーリー面で望月カラーが確立し、内容的に少年誌の枠を完全に超越した、画期的なエピソードだと思う。


Photo
Photo_2
Photo_3
sany0015.jpg
ぶんか社文庫判「コンクリート・ゲリラ」


|

« 小学館の「原寸大漫画館」が発刊 | トップページ | 秘密探偵JA ぶんか社文庫判にて刊行開始!! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

エピソード解析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101598/43827000

この記事へのトラックバック一覧です: ワイルド7の「十字路」〜コンクリート・ゲリラ編:

« 小学館の「原寸大漫画館」が発刊 | トップページ | 秘密探偵JA ぶんか社文庫判にて刊行開始!! »