« 秘密探偵JA ぶんか社文庫判にて刊行開始!! | トップページ | JAと最前線とワイルド7 »

ワイルド7の上位機関は、JAの「J機関」か?

「秘密探偵JA」を読んでいて、ワイルド7のひとつの「謎」が解けた気がする。それは「ワイルド7の上位機関は何か?」「真の指令者は誰か?」ということだ。

第1話「野性の7人」編で、草波は「わたしの動きは上から指令されたものなのだ」「指令者が国でいちばんえらいあいつである限り、わたしはロボットに過ぎない!!」と語っている。ワイルド7は悪を処刑する実行チームであって、捜査や処刑の判断はワイルド自身が行うのではない。それを行うのは「上位機関」であり「国でいちばんえらいあいつ=指令者」なのだ。

「JA」には「J機関」なる秘密組織が登場する。正式名称は「日本秘密防衛組織」。「大佐」と呼ばれる人物の指揮下に、Sナンバーを持つ100人の諜報員(秘密探偵)を擁している。そして、この秘密探偵のえり抜きの3名がJ機関のエース「JA」と呼ばれる。主人公の飛鳥次郎もこの「JA」だ。

JAはスーパーエリートだが、一般の諜報員もエリートだ。基本的な諜報活動しかせず、基地防衛には専門の部隊が、大規模な破壊活動には「破壊班」と呼ばれる戦闘部隊が用いられる。この「破壊班」は「探偵(諜報員)」から「連中は頭はそう良くないが 武力にかけては ずば抜けているからな」と言われている。これはまさに(笑)、ワイルドたちのことではないか?

戦闘部隊である「破壊班」は完全に使い捨てのようだ。「香港の黒い霧」編のラスト、飛鳥次郎の射撃は一瞬及ばす、敵ボスの自爆スイッチが発信され、アジト(工場)に突入した「破壊班」(フルメンバーの50人)は一挙に潰滅してしまう。落ち込む飛鳥次郎に対し、探偵のS6号は「これだけの大物を倒して50人の犠牲は少ない方だ」と励ます。本部では長官(大佐)が笑顔で帰還した探偵たちを迎え、首相からは2人にお礼のメッセージが届いているという。きっとコンクリート・ゲリラ事件や肉鉄事件の際も、こんなやりとりがワイルドたちの上位機関(J機関)内で交わされていたのだろう。

ワイルドも、肉鉄事件の際に現れた「22口径が得意な浅野」たちサブメンバーも、J機関の「破壊班」なのだ(バイクを操れるということで、機動力を持たされた特別班なのかもしれない)。肉鉄の軍師の情報をもたらしたり、「一人一殺」を命じられたシシ座の一味をマークしていたのも、探偵たちなのだろう。ワイルドたち「破壊班」は、草波が「魔像の十字路」編の冒頭で語ったように「世の中のどぶさらいをする人間たち」だ。そして「栄光もなく消えて行く」。JAとワイルドの世界が、こんな形で繋がっていたとは...。

草波の過去話、上に掲げた言動から想像するに、ワイルド7は草波が自らの理想実現のために組織したが、国家から公認される過程で「J機関」に取り込まれたのではないだろうか?草波としては、処刑の決定権を隊内に確保したかったが、「ワイルド公認の条件」として「J機関」の配下に入ることを妥協せざるを得なかったのだろう。しかし草波に処刑決定権が全くないのではなく、限定されているのだと思う。



J機関の破壊班
J機関の破壊班

|

« 秘密探偵JA ぶんか社文庫判にて刊行開始!! | トップページ | JAと最前線とワイルド7 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ワイルド七不思議」カテゴリの記事

ワイルド7以外の作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイルド7の上位機関は、JAの「J機関」か?:

« 秘密探偵JA ぶんか社文庫判にて刊行開始!! | トップページ | JAと最前線とワイルド7 »