« 望月先生の手の表現、タメの表現 | トップページ | 田母神問題と「魔像の十字路」 »

ガンの構えの「親指立ち」

望月先生公式ファンサイト「月刊望月三起也」の今月のコラム「ワイルド7と私のモデルガン物語」(ゲッコーさん執筆)において、ガンの構えの「親指立ち」について触れられていた。

「ワイルド7と私のモデルガン物語」
http://wild7.jp/1031

そうそう、この特有のポーズ。サムレスト付きのウッズマンだとこういう構えになるはずだが、個性的で非常にカッコイイと思う。僕もベビー南部でさっそくポーズを取ってみた。似てるかな? ガーン という擬音が聞こえてきそう?

Nanbu Nanbu2

|

« 望月先生の手の表現、タメの表現 | トップページ | 田母神問題と「魔像の十字路」 »

銃器ネタ」カテゴリの記事

コメント

どーも、はじめまして(*^-^)ゲッコーです。
望月マニ也の方へのコメントありがとうございます。
ベビー南部は小さいですよね。
今、バラしたままの飛葉ロングバレル仕様を
再組み立てして投稿しようと思ってます(*^ー゚)b

投稿: ゲッコー | 2008年12月 6日 (土) 11時22分

コメントありがとうございます。
MGCのウッズマン、僕も持っていましたがMGキャップでのブローバックには迫力がなくて...。実銃もあんな感じなんでしょうか。

ウッズマンのモデルガン化は多数あるようですが、サードシリーズのフレームを再現したのってありましたっけ。マガジンキャッチがP-38のようにグリップ下にあるタイプです。

投稿: Grünherz | 2008年12月 6日 (土) 11時42分

22LRをグアムで
スターム・ルガー(チャーシューの愛銃)を
レンタルし撃った事がありますが、
多分、今日本で売ってるガスハンドガンより
反動は無かったと記憶してます。

その昔、マルシンがマッチターゲットですが
販売してました。
きれいな写真で判りやすいサイト↓
http://www7a.biglobe.ne.jp/~yon-yon/cgi/marushin/woodsman/index.html

スポーツタイプは無かったと思います、残念ながら

投稿: ゲッコー | 2008年12月 6日 (土) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンの構えの「親指立ち」:

« 望月先生の手の表現、タメの表現 | トップページ | 田母神問題と「魔像の十字路」 »