« 撃てる時、撃てない時 | トップページ | 死んだ者に俺たちの手は必要としないが...生きてる大臣にはこの手が必要なんだよ... »

個性的なクルマたち

ワイルド7の楽しみ方は非常に多様。ページに込められた情報量がケタ違いに多いから、何年経っても、何回読んでも楽しめる。ワイルドでは脇役と言えるクルマたちだが、車種の分からないクルマは出て来ない。だから「このクルマ、昔流行ったナァ...」なんていう楽しみ方も出来るのだ。今より圧倒的に資料が手に入りにくい連載当時、これは簡単なことではなかったと思う。先生とスタッフに改めて感謝したい。

今回はワイルドに登場した印象的なクルマたちをあげてみようと思う(「モンスター」のような特殊車両は除く)。

初期のエピソードでは、「誘拐の掟」で「ゆうれい将軍」が乗ってきたシラブ自治領のシトロエンDSのパトカーが印象に残る。CBで背面走行する飛葉ちゃんを追いかけ回したヤツだが、本当に先進的で面白いカタチだよなぁ。パトカー仕様というのもイケル。

「黄金の新幹線」では、事件の黒幕だった小針部長がダットサン・フェアレディZで逃走を図る。これ、240ZGの左ハンドル仕様なんだよね。Gノーズとオーバーフェンダーが素晴らしくカッコイイ。しかし、逆輸入モデルを選ぶなんて相当なカーマニアだったんだな。

「熱砂の帝王」では、シカゴから来た用心棒たちが乗るAMC(アメリカン・モーターズ)・ペイサーが面白い。先生がよっぽど気に入った車種なのか、価格や仕様(Xパッケージ)の話題まで出て来る(価格は一ケタ間違えていると思うが)。このクルマ、日本では「金魚鉢」と渾名されたらしい。一瞬デッサンがおかしいのかと思うが、実車がこうだから(笑)。当時のアメリカ車としては先進的な2ボックスカーで、本来FF+ロータリーで出るはずだったが、原油高騰でロータリー搭載はなくなり、コンベンショナルなFRでリジットという構成になってしまったようだ。初年度はバカ売れしたもののその後は低迷、今では「オールタイム・ワーストカー」の常連らしい。非常に良く分かるけれども、この個性的なデザイン。今でも一部のマニアには愛されているようだ。また、映画「ウェインズ・ワールド」に登場し、再評価されたそうだ。

Sany0002

「魔像の十字路」の前半は、どうした訳か国産スペシャリティカー大会だ。マツダ・コスモAP日産・シルビア(2代目)いすゞ・117クーペトヨタ・セリカ(2代目)、三菱・ギャランΛ(草波が使用。アルファの代車か?)といった、70年代後半の各メーカーのクーペ(セリカはリフトバック)モデルが総登場。遊んでるナァ...。ここでもまたペイサーが出て来る。知り合いが乗ってたのだろうか?

飛葉が高速道を爆走する族車は三菱・ランサーセレステと思われる。ヘッドランプが丸目の前期型のようだが、テールランプは後期の一文字型。飛葉が「2000cc」と語っているからモデル末期の79年に追加された"2000GT"なのだろう。このモデルに前期型のヘッドランプ回りを装着したものと思われる。セレステは丸目の方がカッコイイもんね。

白井記者の愛車シボレー・ブレイザー「一度は乗りまわしてみてぇな」と珍しく飛葉ちゃんが物欲を見せる。若いサッカー選手たちはこういうデカくて押しの強いクルマが大好きだが、飛葉も似た感覚なのかねぇ...。ブレイザーを破壊された白井さん、イコの店にダイハツ・フェローMAXで来る。この車種は当時ですら旧型だったはずで、高価なブレイザーを壊されて中古で緊急に購入したのか、もともとセカンドカーとして持っていたのか。どちらかだろう。

まぁ、ホントに話題の尽きない漫画だ。つくづく感心するよ。

|

« 撃てる時、撃てない時 | トップページ | 死んだ者に俺たちの手は必要としないが...生きてる大臣にはこの手が必要なんだよ... »

クルマ・バイク・メカニック」カテゴリの記事

コメント

「ワイルド7のクルマ」といってすぐ思い出すのは、コミックスの20巻の表紙(谷間のユリ~)
飛葉がガラスをぶち抜いている「ギャラン」(ですよね?)
私の場合、これですね!
かなり写実的に描かれてカッコイイです。

投稿: RYU | 2008年12月 9日 (火) 11時59分

ヒットコミックス、現在持っていないんですよ。先生は三菱車ファンですからね。菊川主任はギャランGTOに乗っていました。どこか忘れましたが、ギャランΛも出て来ました。友達が学生時代、格安で買って乗っていたので懐かしかったです。

投稿: Grünherz | 2008年12月 9日 (火) 13時06分

はじめまして~
ワイルド7ネタをネットでうろついていたら、
こちらのサイトにたどり着きました。
小学校のときにワイルドに出会い、飛葉ちゃんに
憧れ、強いオトコになるぞと今もがんばってます。
クルマで印象が残っているのは、どの話だったか
忘れましたが、ギャランGTOの魅力的なヒップが
かっこ良かったことかな。
これからもちょくちょく顔出します。
更新楽しみにしています。
ではでは。

投稿: burubonrubi | 2008年12月13日 (土) 01時31分

burubonrubi さん
励ましのコメントありがとうございますhappy01
ギャランのダックテールは印象的でカッコイイですよね。ワイルドを読んでいると「このクルマのここが面白いと思って描いてるんだな」というのが良く伝わってきます。作者からのメッセージを感じるんですよ。

投稿: Grünherz | 2008年12月13日 (土) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101598/43363999

この記事へのトラックバック一覧です: 個性的なクルマたち:

« 撃てる時、撃てない時 | トップページ | 死んだ者に俺たちの手は必要としないが...生きてる大臣にはこの手が必要なんだよ... »