« 最終話のページネーション(2) | トップページ | 望月先生の手の表現、タメの表現 »

リー・マーヴィンの手の演技

先日のファンイベントの質問コーナーで「最も好きな俳優は?」という興味深い質問があったが、先生のお答えは「リー・マーヴィン」。西部劇や戦争映画、アクション映画に出て来る個性的な俳優さん(どちらかというとバイプレイヤー)がお好みのようだ。先生の作品には極めて個性的な悪役が大勢出て来て、ストーリーを盛り上げる重要な要素となっている。

リー・マーヴィンは、特に手(指)の演技が素晴らしいと言っておられた。「ガンを握った時に小指が立つんだよ(笑)」と。YouTubeで探したら「小指が立つ」シーンが出て来た。大柄で手足、そして指が長いということもあるが、この手(指)の動きは本当に見事な表現だ。それと....銀色の付け鼻をしたキャラクターが出て来るなぁ(笑)。



|

« 最終話のページネーション(2) | トップページ | 望月先生の手の表現、タメの表現 »

望月先生のこと」カテゴリの記事

表現手法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101598/43308797

この記事へのトラックバック一覧です: リー・マーヴィンの手の演技:

« 最終話のページネーション(2) | トップページ | 望月先生の手の表現、タメの表現 »