カテゴリー「映画・テレビ」の13件の記事

2011年1月 3日 (月)

「ウルトラQ」放送開始45周年!

あの「ウルトラQ」が放送開始45周年だそうだ。
正月早々の放送開始とは、当時の期待の大きさを感じさせるなぁ。

「ウルトラQ」放送開始45周年!
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110102-720106.html


いまDVDで「Q」を観ると、大友克洋の「童夢」って「Q」の「悪魔ッ子」が元ネタじゃないかな〜?と思ったりする。

「Q」には、いろんな想像力を刺激する魅力があるね。

今観ると...ということで言えば、「東京氷河期」に出て来る「ペギラは南極が温暖化で住みづらくなって北極に移動する途中で東京に寄った」というくだりはとても興味深い。

1966年の時点で、「極地の温暖化」などという状況を思いつくものだろうか?
当時、こんなネタが考えられる気象変動があったのだろうか。興味が深まる。


このペギラと21世紀のホッキョクグマ、イメージが重なるな。
ホッキョクグマは、我々の都市に攻め込んできたりはしないけど...。
いろいろと考えさせられるよ。


作品的には、僕はこの「東京氷河期」が大好き。
大胆な省略を使って、これだけ密度の高いドラマを20数分に納めているのはすごい。

DVDの解説にあったが、ペギラによって真っ白に氷づけにされた東京は、街全体が炎に包まれた「東京大空襲のネガ映像」であると。

観賞のヒント、新たな視点を与えてくれる、すぐれた解説だ。感銘を受けたよ。


戦場に死に場を見つけられなかった元ゼロ戦パイロットのお父さんと、離れ離れになった息子のドラマがひとつの軸なのだけど、こうした人間ドラマと「大怪獣による都市破壊」という軸の2つがうまく重なった、怪獣ドラマの見本のような作品だと思う。

何回観ても泣ける素晴らしい作品だ。

あとは「五郎とゴロー」が素晴らしいと思う。
ラストシーンの後味の悪さと言ったら・・・。

悲劇性、後味の悪さは怪獣映画の王道のひとつだけど、「五郎とゴロー」はその最高峰に位置する作品だと思うね。

一般市民にとってはハッピーエンドなのだろうが、主人公の五郎青年にとっては?

巨大になっただけの、ただのサル、ゴローと、天涯孤独な聾唖の青年、五郎。
五郎青年には知的機能に遅れがあるようにも感じられる。

巨大化し、悪事はしなくても存在するだけで一般社会には邪魔物であるゴロー。
社会から孤立している青年、五郎。

社会の多数派である我々には、彼らの立場を本当に理解することはできない。
この深い「断絶」感が、ラストシーンの五郎青年の「叫び」によって表現されているなぁ...。

万城目たちシリーズの主人公が、こうした問題にまったく気付かずに「メデタシ、メデタシ」で終わっているところが何ともキツイ。

これがとても後に引くわけだが、いまはこういう話の作り方は難しいだろうね。


「ウルトラQ」のDVDは、最近は廉価版が出ていて買いやすくなっている。
シャープでクリアーな画像は、モノクロだけによけいに新鮮に感じる。

当時のテレビを模したメニューが、とってもレトロでハイセンス。
ぜひ観て欲しい!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

TBSドラマ「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」

橋田壽賀子脚本で、TBS開局60周年ドラマ「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」を5夜連続でやってますね。

99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜
http://www.tbs.co.jp/japanese-americans/

草なぎくん(二役)が米軍の日系二世部隊で闘うみたい。
役柄は分らないがイチローが出演するらしい。

今気付いたけど、「JAPANESE AMERICANS」(日系アメリカ人)って、「JA」なんですねぇ〜。
望月三起也ファンにはピンとくるはず。「最前線」と「秘密探偵JA」、こんなところに共通点があるとは。

「JA」のハワイが舞台の回で、復員して社会的にも成功した「最前線」のメンバーたちが飛鳥次郎に協力するエピソードがあったっけ..。(昨年出たぶんか社文庫判だと、第1巻に入っている)


さてこのTVドラマ、主人公の一族が「平松」というのですが、これはアメリカに最初の日本人コロニーを作った幕末の武器商人ヘンリー・スネル(日本名・平松武兵衛)から取ってるんじゃないですかねぇ??

ちなみに松本零士さんの「陽炎の紋章」は、このスネルが主人公。
彼にかかると、これが男装の麗人(本名・ヘンリエッタ・スネル)になってしまう。

当然のごとくプロシア貴族出身で、長ロングのブロンド、妄想的ヌードシーン多し(笑)。

「ガンフロンティア」も日系アメリカ人がテーマってことになるのかなぁ。
あの日本人(和人と言った方が良いのか?)たちは、アメリカ建国前からいたみたいだけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

フジテレビの「お台場Appsラボ」とiPhoneアプリ

フジテレビの「お台場Appsラボ」は面白かった。iPhoneかどうかではなく、アプリケーションソフトのネタ、開発をテーマにしたテレビ番組って初めてじゃないのか?

お台場Appsラボ
http://wwwz.fujitv.co.jp/APPS/

やはりiPhoneは電話じゃないんだなぁ。PDA(死語か?)でもない。主役は独特のセンス、文化を感じさせるアプリケーションなんだな〜。と思った。「アップル」というメーカー、ブランドが前に出ているわけでもない。あくまでもアプリが主役。これは健全な状態だと思う。これが番組の感想だ。

番組内で出演者が「このアプリがオススメ」という話題で盛り上がり、紹介されたアプリをその場でダウンロードして即使うという状況があったが、これはいかにもiPhoneらしい象徴的なシーンだったと思う。

iPhoneのアプリケーションの文化は元祖PDAのNewtonのもの(アプレット)を引き継いでいると思うが、Newtonにはこれが出来なかった。必要な時に即インストールして使えるというのが本来のアプリケーションのあり方だと思う。

僕も番組内で紹介された「That's My Jam」を早速ダウンロードしてしまった。懐かしのカセットテープをスキンにした音楽再生ソフトなのだが、実演されるとどうしても欲しくなってしまうものだ。単純なインターフェイスだが、これが付くだけで古い曲(70年代のとか)を再生してみたくなるから不思議なものだ。

番組とは離れるが、僕がこれまでで一番感激したiPhoneアプリは「Classical Music Master Collection」。115円の音楽ソフトだが、800曲、100時間以上入っているという凄まじさ(インストールには空き容量が4GB必要!)。当然著作権切れの音源だからモノラルだが、巨匠の名演は音質など無関係の素晴らしさ。おかげで聞かず嫌いだったベートーベンをまとめて聴けた。フルトヴェングラーが凄いな、やっぱり...と実感できた。

実に素晴らしいアプリだが、この「量と価格で勝負」という発想は、これまでのiPhoneアプリにはなかったと思うし、これを商品化してしまう根性が何よりスゴイと思う。

このアプリはiPhoneの音楽再生ソフト(iPod)と違い、バックグラウンドで再生できないので不便だが(マルチタスクの新しいOSではこの問題は解決される)、それでもPC用のスピーカーに繋げてかけっぱなしにしている。このアプリ専用にiPod touchが欲しくなるほど気に入っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

新仮面ライダー「アクセル」登場!

久々に「仮面ライダーW」を見たら、新ライダーの「アクセル」が登場していた。

雑誌の表紙なんかで「アクセル」の姿は見ていたんだけど、その時は「Wはせっかく仮面ライダーらしいデザインだったのに、今度のは一体どうしちゃったの!?」と思ったんだけど、これ新作のライダーではなく「W」の「2号ライダー」だったんだね。なら納得。

この「アクセル」は、変身する時に変身ベルトのアクセルをひねるのだが、その際に発生する「ブゥオオオンン!」という排気音(のダミーの音)がする。「変・身!」の掛け声と「ブゥオオオンン!」の組み合わせは最高に素晴らしいと思うので賛美したい。

この変身ベルト、アマゾンライダーのベルトに似てるよねぇ。それとマスクの中の「眼」が一眼なのだが、何かに似ているかと思ったら「ガンバスター」だよね?

「アクセル」は自身が「バイクフォーム」にチェンジする。これが最大の特徴なんだけど、車輪を背負ったスタイルは「モスピーダ」みたい(パワードスーツっぽい雰囲気が良く似ている)だし、バイクに変形するところは「ザボーガー」みたいだ。

「ザボーガー」と言えば、バイク形態の時に主人公が搭乗できるんだけど、この「アクセル」の「バイクフォーム」も背中部分にハンドルが見えているので、恐らく主人公の仮面ライダーWが搭乗するのだろう。

この「バイクフォーム」、その形態上フルCGだったようだが、車輪のついた乗り物は実物でないと迫力が出ないな。車輪がなく、浮遊しているメカならCGも分るけど。

「アクセル」に変身するのは「照井竜」という刑事。「照井」と聞くとベルマーレファンはちょっと笑いが出るかもしれない(笑)。「照井竜」は「W」の翔太郎と違いリアルなハードボイルド派。「エリート刑事」という割には捜査はワイルドそのもの(私怨で行動しているようにも見える)。

なぜか赤いレザースーツ姿なのだが、黒の方が警察らしいし、ワイルド7っぽくて良かったかも・・・。バイクはドゥカティらしいのだが、ホンダ一社体制じゃないんだね。

今後だけれども、翔太郎と照井の相性は最悪そうなので、しばらく衝突することになるだろう。照井が「背中」を許し、バイクフォームでWが搭乗するようになるまでがストーリーになると思われる。それともフィリップが乗るのかなぁ...?

仮面ライダーアクセル
仮面ライダーアクセル バイクフォーム
仮面ライダーアクセル 変身ベルト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

鈴木慶一さんが、レコ大「優秀アルバム賞」を受賞!!

我らの鈴木慶一さんが日本レコード大賞「優秀アルバム賞」を受賞

『ヘイト船長とラヴ航海士』鈴木慶一 Produced by 曽我部恵一

今年もいろいろ言われていた「レコ大」だけど、少なくともムーンライダーズ、鈴木慶一のファンからは、純粋な"慶"事として受け止められたと思う。

映画等のサントラ作品以外でムーンライダーズのメンバーがメジャータイトルを取ることなんて、まずあり得ないと思っていた。非常に質の高い独創的な仕事を30年以上してきた彼らが「無冠」なのはおかしいのだけど、そういう状態が「当たり前」にも感じられてきた。

そんな認識が今回の受賞でふっとんだ。続けていればいつか正当な評価はされるものなんだ。世の中、まだまだ棄てたもんじゃない...。本当に嬉しいよ

このアルバムは17年ぶりのソロ作品だが、前作の「SUZUKI白書」(これも超名盤)を意識した詩や、ムーンライダーズの前進バンド「はちみつぱい」の曲をセルフカバーしたりして楽しませてくれる。二回りくらい若い曽我部恵一さんをプロデューサーに迎え「ダブルK1」の二人三脚体制で制作しているが、これが上手くいっている。モノローグよりダイアローグの方が内面は掘り下げられるし、バランスも保たれる。

冒頭の曲「宜候(Yosoro)」が2人のダイアローグ(語り)なのだが、これがとっても面白い。アルバム全体が「船」をイメージしているが、ダイアローグの最後に慶一さんが「無い。ようそろは無い」と宣言する。これは非常に力強い宣言だと思う。延々とキャリアを積み重ね、円熟期と言っても良い年齢ながら「ようそろ(=直進、または「了解」の意)」は「無い」、つまり、これからもコダワリ続け、闘い続ける...と言っているのだから(それが「阿呆」という意味だろうか)。

対して最終曲「Boat of Fools」はモノローグ(語り)。これが冒頭の「宜候(Yosoro)」に繋がる作りになっているので、このアルバムはヘビーローテーションのスパイラルに陥りやすい。「Boat of Fools」は鴨長明の「方丈記」の有名な書き出し部分(ゆく河のながれはたへずして、しかももとの水にあらず...)をもじった内容になっているのだが、良い感じで無常観を表現しているし、「船」というアルバムテーマにもマッチしている。

音は新しいんだか古いんだか良く分からない作りになっていて独特。ダイナミックレンジをわざと狭くしているが、これは慶一さんが住んでいる「船室」の閉塞感を出そうとしているのだろうか。音はノスタルジックだが、ディスクはスーパーオーディオCD(SACD)との二層構造のハイブリッドだし、SACDは5.1chのマルチチャンネル仕様というハイテクぶりで、かつてテクノポップ、ニューウェイブの旗手的存在だったことを思い出させてくれる。

詩は相変わらず文学のレベルにあるし、メロディーも美しい。アレンジは複雑でストレートとはほど遠いが、これがセルフプロデュースだったらさらに迷路的になっていたはずで、曽我部さんの存在が利いていると思う。このメロディーをもっとストレートに堪能したいが、それはライブアルバムに期待するとしよう。

このアルバムは、邦楽ロック、ポップスに閉塞感を感じている人、何を聴いて良いか迷っている人に聴いて欲しい。慶一さんの経験から来る「引き出し」の多さ、作品の質の高さにきっと満足してもらえると思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

緒形拳の「野獣刑事」

名優・緒形拳さんが永眠された。ご冥福をお祈りしたい。

最近は鬼太郎実写版でぬらりひょんを演ったりしていたけど、僕の中では「野獣刑事」が代表作というイメージ。一時期の日本映画って、「緒形拳が逃げ回るような作品が多い」とか言われていたけど、それがこの作品じゃないかな。

舞台が大阪・釜ヶ崎地区だし、緒形拳、いしだあゆみ、泉谷しげるの演技が濃すぎる。シャブ中で狂乱状態となった泉谷の演技は語りぐさである。軽い恋愛モノ中心の現代の日本映画とは最も遠い距離にある作品だけど、ある時期の日本映画を代表する作品だと思う。

そしてその主役は、やはり緒形拳だ。真摯に役に打ち込む役者としての「姿勢」を強烈に感じる。この作品の主人公のように「どうしようもない人」(どちらかというと悪人)を真剣に演じ切り、人間の性(さが)を象徴する存在にまで昇華させるのが緒形さんの力量。役者としても取り組み甲斐のある作品だったと思う。

楽天ダウンロード「野獣刑事」
http://dl.rakuten.co.jp/prod/800381800.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

スピルバーグの「1941」

スピルバーグ監督32歳の作品がようやく初の(国内)DVD化。ドタバタコメディ映画だが、立派な戦争映画と観ることも出来る。「混乱」「破壊」「集団の狂気」「市民と戦争」...戦争のネガティブな部分が(誇張されて)表現されている(死者はひとりも出ないが)。

この映画は第2次世界大戦中のアメリカの唯一といって良い「恥部」を描いている。映画と同じ日米開戦直後の時期、東海岸では対Uボート戦で大失態を犯して未曾有の被害を出し、西海岸では日本潜水艦による攻撃等へのパニックから、罪のない日系人の強制収容所収容という誤りを犯す。原爆投下と違って正当化(言い訳)のしようもない過ち。合理性を追求して戦争を勝利に導いたはずのアメリカの過ちと、それを生み出した社会の混乱..。

公開当時(1979年)評論家ウケしなかったのは当然だと思う。年配者には到底受け容れ難いテーマを描いているからだ。逆に言えば、こうした「自国の恥」(戦争に負けたことがない世界最強国の、だ)をネタにコメディ・スペクタクル映画を撮ったスピルバーグ監督は相当な「硬骨漢」と言えるかもしれない。

この監督は近年の「宇宙戦争」でもアメリカ本土が戦場となって大混乱する様を描いている。この「1941」ではロサンゼルス周辺だけ、1日だけの「混乱」を描いているが、監督の(本土が戦場となったことがない)アメリカ国民へ向けたメッセージは共通しているように感じる。「プライベート・ライアン」で見せたリアリズムといい、スピルバーグ監督の「戦争」を描こうとする姿勢は常に新鮮で、他の作品への影響も大きいと思う。

公開から長い時間が経ったいま、この作品を偏見なしに観ることが出来るのではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「1941」DVDが到着!

キタキタ!この映画、私の「most favorite film」なのだ。「most」だよ
私が映画に期待するもののすべてが、ここにあるんだなー

しか〜し、この「1941」、大監督スピルバーグの作品でありながら今回が初の国内DVD化となる。「リクエスト・ムービー」というシリーズの第1弾とあるが、リクエストがないとDVD化されなかったのか... まぁ、世間一般的にはそういう位置づけの作品でもあるが。

かくいう私もリクエストした1人なのだ。アマゾンにリクエストするコーナーがあるのだが、数年前にリクエストして、国内版の発売時にはメールが来るようにしておいたんだけど、そのメールは来なかったように思う。メールの山に紛れてしまったのかもしれないが。

さ〜観るぞ〜

Sany0002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

ヤッターフィギュア(一部)発売延期 (*_*;

家電量販店の玩具コーナーに立ち寄ったところ、予想どおりヤッターマンの棚がどど〜んと確保されていた。さて久々の大河原メカ・ヤッターワンの出来でも見てやろうか...と思ったら、「ヤッターフィギュア(一部)発売延期のお知らせ」なる告知文が。

主力商品であるヤッターワン2種と、3悪のうちの2名(ボヤッキー、トンズラー)がイキナリ3月末に発売延期とわ、大丈夫かタカラトミー? 「3悪を(同時に)揃えたい」という大人ユーザーも多いはずだろうに...

番組の方は、出先のマックで携帯のワンセグで視聴した。
そのせいで音声が良く分からなかったんだけど、ドクロリングがホンモノだったのか?
(今回のドクロベエ様はスカウティング能力が高い!)
前後編になるみたいだし、いきなりのパターン破りに驚きを禁じ得ない。

3悪が逃走に使用する通称「お仕置き自転車」だが、今回はバルーンに吊るされ、海上を「飛行」していた。車輪が接地していないにも関わらず、ペダルを漕ぐ3悪。最後部にある「噴射機」の推力によって前進しているようだ。ということは、あのペダリングは「噴射機」(あるいは車輪と両方)を稼働させるためのものだったのか?

Yat1

Yat2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

ヤッターマン感想

現代風の演出にしつつ、基本はリメイクなんですね。アイちゃんのキャラクターが前作より強調されているように思えた。逆にガンちゃんって、こんな情けないキャラだったっけ...?

アコースティックアレンジのオープニングテーマ曲は意外性があって新鮮。やっているのは世良公則と野村義男のユニットらしいね。デジタルアニメ独特の「空気感」の無さ(平面的で塗り絵のような感じ)はポップなイメージだし、高速道路のバトルや「メカの素」の取り込み描写などCGをうまく使っている印象。

おはなしの方は、ヤッターマン初変身のあたりをもう少し丁寧にやって欲しかったし、何よりせっかくの「東京タワーメカ」の活躍が少なかったのが残念。獲物を強奪するための破壊行為が描かれないのではメカの意味がね〜。単なるスパナだったゾロメカにも、もうひとひねり欲しいところ。

三悪のインチキ商売、今回は盗難車を原材料としたインチキスポーツカーだったんだけど、これがどういうわけだか、「童夢−零」。しかもパーツ割りなどかなり正確に描かれている。「1978年」つながりで出したのだろうか...? 市販化できなかった悲劇の国産スーパーカーなんだけど、市販化されたらあんな風にボロボロ壊れたかも...と言いたかったのかねぇ?

童夢−零

背景やモブで竜の子キャラクターが出てきたけど(グズラ、ハクション大魔王、マッハ号、あと何かあったかな)、次からはゲストキャラクターとして(セリフ付きで)登場させても良いと思うけどね。

ドクロベーの滝口順平さんや小原さんたち旧作の声優陣が、まったく時間の経過を感じさせない演技ぶり。これには本当に感心した。声の張りを維持するのってすごく大変だと思うんだよね。プロの鑑だね。

Microsoft Windows Mobile 6を搭載。3inchワイドVGA液晶を搭載しながら、幅50mm、薄さ17.9mmのコンパクトサイズを実現。

| | コメント (0)