カテゴリー「パソコン・インターネット」の8件の記事

2009年3月12日 (木)

登場!! 第3世代 iPod shuffle

一流メーカーのボトムに位置する製品には優れたものが多い。ミニマム(大きさ、価格、機能)なものの方が、設計にセンスや合理性が求められるから、そのメーカーの真の実力が反映されるわけだ。アップルのボトムといえばiPod shuffleであり、その動向に注目してきたが、今回フルモデルチェンジし3世代目となって登場した。

今回のポイントは、さらなる小型化、シンプル化(本体コントローラーの廃止)、と大容量化(4GB)だ。小型化、シンプル化は行き着くところまで行った感がある。本体コントローラーが廃止された(電源とシャッフル機能のボタンしかない)ことに伴い、イヤフォンに一体型のリモートコントローラーが装備されたが、これが議論を呼びそうで面白い。サードパーティのイヤフォン、ヘッドフォンでは再生の開始すら出来ないようなのだ。このようなボトム製品のユーザーがサードパーティのイヤフォンを別途求める可能性は低いという判断だろう。付属のイヤフォンの音質も初期のものに比べれば向上しているし、評論家は色々言うかもしれないが、実際にはあまり問題にならないと思う。しかし、カーオーディオで使う場合はどうするのか?という問題はあるので、いずれアップルやサードパーティからイヤフォンとは別体式のリモートコントローラーが出て来るだろう(既存の純正リモコンが使えるかもしれない)。

iPod shuffleの最大の特徴はディスプレイを持たないことだが、今回のフルモデルチェンジで初めてディスプレイを補完する機能「VoiceOver」が投入された。これは再生している曲名、アーティスト名、プレイリスト名などを音声で読み上げてくれる機能だ。iTunes 8.1が読み上げ用の音声ファイルを生成するらしいので、本体のファームウェアのアップデートで他のiPodにも対応すると思われる。私が持っているソニーの携帯ラジオにも周波数、放送局名、現在時刻を読み上げてくれる機能があるが、混雑した電車内など身動きができない環境では大変便利だ。iPod shuffleの購買層もそうした使い方をするユーザーが多いと思われるので、利用実態にマッチした機能追加だと思う(「話す」機能はPRにも向いている)。

恐らくあまり話題にならないと思わないが、第3世代になって初めて「Apple ロスレス」の再生に対応したことにも注目したい。ファイルサイズが標準のAACの10倍くらいになってしまうが、CDからまったく劣化のない素晴らしい音質は一度聞いたら忘れられない。大容量化によって可能になった機能強化だが、これは朗報だと思う。ただし音質はデコーダーチップの性能に(かなり)左右されるので、違いが明確になるかどうかは試聴してみないと分からないが。

「あなたに話しかける」 新iPod shuffle登場
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0903/11/news102.html

Ipodshuffle_image1_20090311
Ipodshuffle_image3_20090311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

PowerBookの交換用バッテリーが到着

Sa330006
先日(29日)夜、PowerBookの交換用バッテリーが届いた。
例のソニー製バッテリーの交換プログラムによるものだが、アップルからの告知があった直後(その日の夜)にウェブから申し込んだから、最速の部類ではないだろうか?

実は以前ソニーの携帯電話のバッテリー交換プログラムにも該当したことがあり、その時は(確か)事前に運送会社と時間調整し、必ず対面で「交換」することになっていて不便に思ったものだ。

今回のアップルの場合、ウェブの説明では「対面交換」ではなく「後日返送」も認められていたから、密かに返送をバックレようかと思っていたのだが(笑)。あれこれゴネてみたものの、F山のお兄さんは「交換が基本です」と頑なだったので交換に応じた。予備バッテリーにしようかと思ってたのになぁ・・・。

ただ、返送用の箱と着払いの送り状を持参してきていたので、「後日返送」も(本人不在等)場合によっては認められるのかもしれない。ソニー携帯の場合より柔軟な対応といえると思う。

それはさておき、今後のソニーの対応が気になるところだ。
この問題をデル、アップルだけで収束させようとしたようだが、結局、全メーカー対象の回収となってしまった。
なぜこのような展開になったのか。顧客の安全についてどう考えているのか。

ロイターの記事によると、顧客が交換に応じる件数によってソニーの負担額が変動するようだ。
顧客に積極的に交換を働きかける姿勢を見せるか、見せないか。消費者は見ていると思う。
メーカーとしてのソニーの姿勢、ブランドの根幹が問われているという認識のもと、あらゆる手段、メディアを使って顧客に交換をアピールするべきではないだろうか?


米デルのバッテリー回収、ソニー負担額は最大500億円の試算も(Reuters)

ソニー、ノートPC発火問題の火消しに本腰--バッテリーを自主回収へ(CNET Japan)

「バッテリのリコールはアップルが最後」--ソニーや各PCメーカーが強調(CNET Japan)

あなたのパソコン大丈夫?-ウイルス対策はシマンテックダウンロードストアで

オンライン書店 boople.comは、送料完全無料!

| | コメント (0)

2006年8月20日 (日)

ライムグリーンのノートPCと言えば。

デュアルコアのライムグリーンはお好き?NEC「LaVie G タイプL」(ITmedia +D)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0608/01/news015.html

ImageImage

「ライムグリーン」というとベルマーレファン、カワサキファンは思わず反応してしまうだろう。
ベルマーレの場合、正確には「ライトグリーン」だが...

かつてiBookは「クラムシェル」という貝殻型のボディをしていて、その2世代目ではド派手な「キーライム」という蛍光黄緑のようなカラーのモデルが存在した。一般人はとても手を付けないカラーなのだが、「ベルサポの俺が買わずに誰が買うのだ!」という意気込みで買ったものだ。
これが、それ。懐かし〜。(>_<)
http://www.watch.impress.co.jp/pC/docs/article/20000913/apple1.htm

僕はこれを仕事場にもパソコンボランティアの現場にも持っていったけど、どこでも大評判で使っていてとても楽しかったなぁ。その代わり12.1インチ、800x600の解像度のモニタはきつかった。重さもかなりあったし、当時のアップル製品は製造精度が悪くてボディの隙間がとても気になったものだ。

それに比べればこの「デュアルコアのライムグリーン」は1280×800の15.4インチモニタだし、デュアルコアCPUもあるし実用性はバッチリなんだろうけど、カラーの方は弾けが少々足りない気がする。ライムグリーンから想像するのはもっとソリッドなベタッとしたグリーンだと思うのだが、これは上品なメタリック色。まぁ、基本的にはビジネスモデルだからこの辺が限界なのかもしれない。
ベルサポ向けに派手めなライトグリーンのモデルも出してみてくれないかな?サポは多いとは言えないけど(笑)、ライトグリーンの製品って世の中に少ないので、みんな飢えている気がするのだが。

NECダイレクト(ライムグリーンは直販限定カラー)
http://www.necdirect.jp/03/dirafft.asp?id=LG0LMR4CM5

W-ZERO3 モバイルの頂点。今ここに(ウィルコムストア)
あなたのパソコン大丈夫?-ウイルス対策はシマンテックダウンロードストアで

↓blogランキングです。ご協力(クリック)をお願いします。<(_ _)>

| | コメント (0)

2006年8月15日 (火)

DS用知育ソフト「えほんであそぼう」シリーズと家庭教師の思い出

「こどものための読み聞かせ えほんであそぼう」シリーズという、ニンテンドーDS用の知育ソフトが発売されている。

Image

僕はもともと教育分野へのIT活用に興味があって、今は亡きアップル/バンダイのマルチメディアプレイヤー、ピピン@アットマークに入れ揚げ、ユーザーグループにも入り、当時千駄ケ谷にあったアップル本社にも話を聞きに行ったりした過去がある。「ガンダム・タクティクス」という艦隊戦シミュレーションゲーム(ザンジバルに乗れた時には最高の達成感を感じたなァ!)や、美術館探訪タイトル、クラシックと絵本が合体したようなタイトルは実に面白かった。

あれから10年。知育ソフトはニンテンドーDSという素晴らしいハードを得て、ポータブルに、リーズナブルになった。タッチパネル、2画面というDSの特徴を活かした作りになっている。内蔵マイクによって「声」への反応もあるらしい。

公式サイトを見ると、そのコンセプトは「親による読み聞かせの代用」とある。「大切な親子のコミュニケーション、ふれあいをゲーム機で代用できるのか?」という声がすぐに聞こえてきそうだが、実際にはどうしようもなく忙しい両親を持つ子供もいるわけで、安易な批判はしないで欲しいと思う。

僕は大学生時代に家庭教師をやっていて床屋さんのせがれを受け持った。彼は当時中3だったが漢字が読めないどころか、アルファベットが覚えられないのである。今で言う「LD児(学習障害児)」だろうと思うのだが、これには衝撃を受けた。親御さんにいろいろ聞いてみると、独立して店を構えるという、ご夫婦が一番多忙な時期に彼は生まれ、2・3歳という最も脳に刺激が必要な時期に「テレビがお守り役」だったようだ。仕事中おとなしくしていてくれさえすれば「良い子」ということだったのだろう。

当時の僕はどう対応して良いかまったく分からなかったので、小学校低学年向けの偉人伝みたいなものを買ってきて一緒に読むことから始めた。「読み聞かせ」である。これを彼が2・3歳の時期にできていれば、このような苦労はなかっだろうと思う。この時期に、こうした「読み聞かせ」の知育ソフトがあったなら...と今にして思うのである。

結局僕は彼の成績を向上させることが出来ず、彼とのことは苦い思い出として残っている。その後彼は理容学校に進み、店を継いで結婚もして子供もいるらしい。社会的ステイタスは僕より遥かに上じゃないか(笑)。実家が商売をされていることが、結局は彼にとってプラスになったようだ。そういう意味では良かったのかな。

彼のような環境にある幼児は今の方が多いと思う。この知育ソフトなら友達の家でもどこでも遊べる(学べる)し、今後もニーズは高まって行くだろう。

こどものための読み聞かせ えほんであそぼう 1〜6
http://www.ehon-asobo.com/
●ハード:ニンテンドーDS
●プレイ人数:1人
●ターゲット:2才〜8才位までの児童、およびその家族
●希望小売価格:各2,982円(税込)
●発売日:1〜3好評発売中、4〜6:10月発売予定

Image Image Image Image

その他、DS用知育ソフトの数々

| | コメント (0)

2006年8月 7日 (月)

アスタ ラ ビスタ、Vista

いよいよWWDC2006開幕が近づいて来たが、面白いバナー広告が準備されているらしい。

MacNN:Apple says 'Hasta la vista, Vista'
http://www.macnn.com/articles/06/08/07/hasta.la.vista.vista/

MacNN:Mac OS X Leopard: Vista 2.0
http://www.macnn.com/articles/06/08/06/os.x.leopard.vista.20/

Hasta la vista, Vista(アスタ ラ ビスタ)は'See You Again'という意味なので、'Hasta la vista, Vista'は「じゃあまたな、ビスタ」となる。この言葉、映画「ターミネーター2」でのシュワルツェネッガーの決め台詞('Hasta la vista, Baby')で、彼はこれを選挙戦でも使ってたらしい(ヒスパニック受けを狙ったのか)。よく覚えていないが、寄生獣みたいな敵ターミネーターにショットガンをぶっ放す時にも使った台詞のようだ。字幕は「地獄で会おうぜ、ベイビー」だったらしい。ひどいなー(笑)

Vista 2.0というのはWeb 2.0 とVistaの両方をコケにしてるわけね。年内発売という公約実現だけを目標としていまMSが必死に開発に励んでいる時期WindowsのVistaだが、機能的な目新しさは現行のMacOSX 10.4 Tiger どまり。こっちは「その先の先」にもう行っちゃてるよ、という意味ですな。バカにしてるなー(笑)

iPod/iTunes Music Store によってミュージックシーンを自らの企業イメージに取り込んだアップル。一般的にミュージシャンのイメージと言えば「先進的」「クール」だから、これはうまい手だと思う。今回のバナー広告もこのラインに沿ったもので洒落が利いているし、ブランド構築力はやっぱり世界最高レベルだなと思う。

しかし「シェア逆転」のような幻想はとっくに捨て、基本的には「ニッチでクール」というポジションを目指しているから(万年野党のように)気楽なことが言えるのだ...という風にも映る。これからもこのスタンスで行くのか。今回の基調講演で僕が関心を持っているのはこの部分だ。

インテルCPUへの乗り換えを断行し、WindowsXPでの起動を正式サポートすると思われるアップル。Windows Vista への期待感が既存ユーザーの中にほとんどないというこの状況はちょっとしたチャンスだと思われるのだが...。安定したWindows環境の継続を望んでいる大多数のユーザー向けに、何か面白い構想をぶち上げでくれるんじゃないかと期待している。

CNET Japan:アップルセンター http://japan.cnet.com/apple/

世界の著名デザイナー木製名作小椅子 nextmaruni
nextmaruni シルバーミニチュア
ジュエリー職人の手作業により1/24サイズで再現された
精巧なミニチュアのチェア。


↓blogランキングです。ご協力(クリック)をお願いします。<(_ _)>

| | コメント (0)

2006年7月31日 (月)

マイクロソフトのZuneプロジェクトへの危惧

マイクロソフトが打倒iPod!を目指す新プロジェクト「Zune(ズーン)」を公表。第一弾として携帯音楽プレイヤーとソフトウェア、音楽共有サービス(SNSみたいなもの?)などを年内に提供開始するらしい。僕が心配することではないのだろうが、いちいち脊髄反射的に対抗ビジネスを立ち上げて企業として何の意味があるのか?と疑問に思う。株価対策としか思えないのだが?

Origami(小型タブレットPC)もそうなのだが、巨人マイクロソフトが手がけるべきビジネスとは思えない。音楽や(プロモーションビデオのような)ショートビデオ、ゲーム(据置き、ポータブル)、タブレットPC。こんなものはニッチ以外の何者でもないと思う、PC用OS、ビジネス用ソフトのフォーマット(Office)と比べれば、だ。
なぜ、いちいちこんなものを自社(のみ)で手がける必要があるのか?

PC用OSにしてもVistaとかいう名称の次世代Windowsはグラフィックチップメーカーしか喜ばないような仕様で、発売時期以外の詳細は固まっていないというわけのわからない状態であり、まったくのユーザー不在に思える。OSマニア以外に誰か期待して待っている人はいるのだろうか?ほとんどの人はXPのブラッシュアップしか望んでいないはずだ。誰のために、何のためにVistaを出すのか?

PC用OS、ビジネス用ソフトのフォーマットという根幹を握っている企業の取るべき最善の道は、「主力製品のブラッシュアップ以外は極力何もしないこと」だと思う。ユーザーはそれしか望んでいないし、新たなOS開発にかけられるコストが不要になるのだから、良いことずくめではないだろうか?

マイクロソフトは、自社がすでに成熟期に入り、今後利益は見込めても成長は見込めない(株価は大きく上がらない)という認識が(すでに事実だと思うのだが)一般化することを、どうしても認められないのかもしれない。

貯め込んだ資金を株主還元するように求められ数年前から配当をするようになるなど、マイクロソフトも変わって来ている。ゲイツの引退を機に成熟企業に相応しいビジネスモデルに転換すべきだと思うのだが、CEOのスティーブ・バルマーは「Microsoftが着手しながら途中で放棄した主力ビジネスは1つもない」「すでに成功したか、成功を約束しているかのいずれかしかない」などと語っている。これが本当に企業トップの発言だろうか?「皇軍不敗、神州不滅」「百戦百勝の鋼鉄の名将」と同レベルの政治的スローガンにしか聞こえない。
こうしたプロパガンダは語っているうちに自己暗示にかかってしまうという危険な副作用があるから、その使用には十分注意が必要である。
Zuneプロジェクトはインパール作戦ではないのか? マイクロソフトは本当に不敗で不滅なのだろうか。

シマンテックダウンロードストア
マイクロソフトのiPodキラー"Zune"まとめ(Engadget Japanese)
S・バルマー氏が語るVista、マイクロソフト、Zune(CNET Japan)
Apple Store限定 お得な整備済みiPod
お手持ちのMac、またはWindows PCで最新のMacをお得に手に入れよう。
★キャンペーン中★ プレミア芋焼酎【妖精の吐息】
ピザをネットで簡単注文!!MyDomino's 【ドミノ・ピザ】
W-ZERO3 モバイルの頂点。今ここに(ウィルコムストア)

↓blogランキングです。ご協力(クリック)をお願いします。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

次世代iPodを巡る妄想

次世代iPod、3Dゲーム機能を搭載か?(CNETJapan)
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20176247,00.htm

アップルがiPodに本格的なゲーム機能を付加するのではないか、という観測があるようだ。
これは、既存のiPodユーザーに暇つぶし用のおまけ機能を提供する...といった小さなものではないと思う。

現在、家庭用ゲーム機は、ニンテンドーDSやPSPといったポータブルタイプとXbox360やPS3といったハイエンドなデジタルエンターテインメント機器に二極化しているが、このポータブルタイプに近い機能はiPodで実現できるだろう。(次世代iPodは、全面スクリーンのタッチパネル式となる模様)

目指しているのは、ポータブルゲーム機のユーザーのiPodへの乗り換え促進ではもちろんなく、ゲームソフトのコンテンツ流通ビジネスに参入したいのだと思う。

アップルはiPodというハード(プラットフォーム)と、iTunesというソフト(これもプラットフォーム)を浸透させたことによって膨大なユーザーを囲い込んでいるから、これらを利用したビジネスをあれこれ検討していることは間違いない。iTMSでビデオクリップの販売を始めたが、iTMSでiPod用のゲームソフトの販売が開始されても不思議ではない。

ゲームの種類だが、アップルのことだから仕様を公開してフリーウェア、シェアウェアのiPod用ゲームの制作を促すようにして市場を活性化させ、サンデープログラマーを囲い込むようなことをするかもしれない。また、フリーウェアとしてミュージシャンのプロモーション用のゲームも出てくるかもしれない。
そして、「現代版ハイパーカード」としてアップルからオーサリングソフトが発売されるかもしれない。もちろんMac/Winのハイブリッド版であり、アップルは大もうけである。このコンテンツがパソコンでも動作可能だったりすると、FLASHの牙城を崩せるかもしれない?そしてサードパーティからは様々なコントローラーが・・・

・・とまぁ、ここまで妄想を高めることができるのもアップルだからこそだ。噂レベルの段階からこういう夢を持たせてくれるところがアップルの最も素晴らしい点であり、でき上がった市場を食い散らかすことしか考えられないMSとは最も異なる点でもある。

僕はブラックの5G iPod(60GB)を使っているのだが、初代iPodを手にした時以来の感動を味わわせて貰っている反面、ボツン!といって結構フリーズしてくれるのは何とかならないものだろうか?MacOSXの方はすっかり安定しているというのに...こんなところは昔ながらのアップルだなぁと思ったりするのである。

W-ZERO3 モバイルの頂点。今ここに(ウィルコムストア)
オンライン書店 boople.comは、送料完全無料!
★キャンペーン中★ プレミア芋焼酎【妖精の吐息】
ピザをネットで簡単注文!!MyDomino's 【ドミノ・ピザ】


↓blogランキングです。ご協力(クリック)をお願いします。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

「情報漏洩防止」ノートPC発売

これはまた風変わりなノートPCが発売された。

株式会社ソリッドアライアンス
USB接続できないPC "LOCKGATE"

[ドライブ]
・光学ドライブ:DVD-ROM
・フロッピードライブ:なし
・PCカードスロット:なし
・SDカードスロット:なし
・メモリースティックスロット:なし
・コンパクトフラッシュスロット:なし
[主なインターフェイス]
・USBポート:なし
・IEEE1394ポート:なし

普通スペック表示で「なし」という表示はしないものだが、この製品は別。外部ストレージへの接続方法を断つことで情報漏洩を防止しようというものだ。いやはや思い切った製品を出すものだ。大手では絶対できない発想。(ITmediaの記事)まぁ、こんな製品を出している会社だからね...。自社製品が繋がらない製品を出すことにはだいぶ悩んだらしいが(笑)。

しかしプリンター接続はどうするのだろう?プリンターポートが付いているのかもしれないが、プリンターの方が対応製品が少なくなっているはず....。ネットワーク接続でやれ、ということか。まぁ社内LANのある企業用ということなんだろう。
しかしこのスペックで22万円というのはいかがものか。プレスリリースによると、堅牢性や防水性も追求しており、単なる「レス」モデルではないということのようだが...。オフィスも付いてないよ?

ところで、情報漏洩で最も決定的なのは電車内の置き忘れと、車上荒らしによる盗難ではないだろうか?「持って外に出るな」という運用を期待するならノート型にする必要はないはず。そこで僕の予想だが、この会社は絶対「ノートPC用の手錠」を出すと思う(笑)。PCに必ず付いているセキュリティポート(ワイヤーを通す穴)に付けられる手錠、考えてるだろ?(笑)出社したらガチャリとやる。PCは持ち帰っても良いが、カギは上司が管理している、とか。

昨今USBメモリーが一般化し情報漏洩の危険性が増したことに対する問題提起、というのがこのノートPCの商品化意図なのだそうだ。確かにペン型やら腕時計型、アクセサリー型など紛らわしいものも出て来てるし、みんなが持ってるiPodのような音楽プレイヤーはストレージデバイスとしても使えるから、確かに良い状況ではない。

だが、こういう製品が出て来る一方で、このエプソンの複合機のように、複合機本体のUSBポートに差したメモリーにダイレクトに書類のコピーができる(Scan to USBメモリ機能)ものも出て来ている。社内書類持ち出し放題、という感じもするのだが、何かセキュリティ対策は取っているのだろうか...?この機能に関しては利便性より危険性の方が高いような気がするのだが、どうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)