« 第17節 ガイナーレ鳥取戦を振り返って | トップページ | 頑張れ!なでしこジャパン&近賀ゆかり (^-^)v »

2011年6月30日 (木)

第2節 ジェフ千葉戦を振り返って

また負けてしまった。(+_+) 原因は数多く考えられるが、僕はセットプレイで(色々工夫しているにも関わらず)点が取れないことが一番問題だと思う。

先日のなでしこジャパンの試合、相手がフィジカル空中戦を仕掛けてきて苦戦したものの、岩渕真奈が仕掛けて得たFKを、宮間あやが直接決めて勝った。まさに絵に描いたような得点パターン。

ベガルタ仙台がこれだけ頑張れているのも、セットプレイの強さが大きい。

今季のベルマーレ、あれこれ考えたセットプレイを練習しているようだが、いまだにひとつも得点出来ていないのではないか? せめてキーパーが前にこぼすような、きわどいシーンを作るくらいはして欲しい。
最近使われ出した期待のキッカー、岩尾憲が負傷中らしいのが痛い。まったくついてないよ。

攻撃がうまく組み立てられない時もある。そういう時に求められるのがセットプレイからの得点だが、これがまったく決められないというのは、キツイ状況の中で本当にキツイ。

J1昇格後のことを考えても、セットプレイを得点源のひとつに数えられるくらいにしておかないといけないはずだが・・・。

ショックだったのが、オーロイが下がった後半、ベルマーレの攻撃が何もできなくなったこと。
ジェフ千葉の選手全員が、ボールの予測、寄せの早さ、球際の強さ、展開力、走力、すべてに上だった。

これじゃどうにもならないのだが、こういう展開の試合をもつれさせるのがセットプレイ。
それがまったく決められないから、こんなふうな内容どおりの結果になってしまう・・・。

セットプレイは今後も徹底的に練習して欲しいね。


この試合で良かったことと言えば、「伝説の人」松尾直人の登場だろう(調べたらJ2は初出場らしい)。
ハングギョンがまさかのレッドカードということで回ってきた出場機会だが、しっかりアピールはできたと思う。
対人守備は強いようだし、ロングパスを前線に通す戦術眼も持っているようだ。

この日はボランチだったが、センターバック、サイドバックが本職らしい。大量失点を繰り返している今、この松尾をどこかで使わない手はない。次節どこで使われるのか?楽しみだ。

毎試合の失点もヒドイが、それよりヒドイのが無得点病。
この4連敗中は無得点で来ているからかなりの重症。
セットプレイは決まらないし、得点のカタチが見えてこない。

キレイに繋ごうとしているためか、すべてのアクションが遅いのが気になる。
昨年の反省から「ポゼッションサッカー」を目指そうとしている悪影響だろうか。

アジエルを起点とした中央からの崩しが、まったく繰り出せない。
ならばサイドからドリブルで崩すしかないと思うのだがなぁ・・・。

猪狩佑貴、そろそろ出番じゃないのか?
チームに勢いをつける元気者が今こそ必要だ!!

あと特筆すべきなのは、日替わり制だったゲームキャプテンが大井健太郎に固定されたことか。
背番号3のキャプテンマークといえば、ジャーンが思い出される。
いま一番チームに必要なのは、ジャーンが見せてくれたファイティングスピリットだ(それと点も取ってくれたなぁ...)。

今年の補強の目玉は大井だと思っているので、大井にはジャーン並の活躍とリーダーシップを期待したい。番長、頼んますヨ!


|

« 第17節 ガイナーレ鳥取戦を振り返って | トップページ | 頑張れ!なでしこジャパン&近賀ゆかり (^-^)v »

サッカー」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2節 ジェフ千葉戦を振り返って:

« 第17節 ガイナーレ鳥取戦を振り返って | トップページ | 頑張れ!なでしこジャパン&近賀ゆかり (^-^)v »