« なでしこリーグ開幕戦 日テレ・ベレーザ vs 新潟L | トップページ | 第12節 サガン鳥栖戦を振り返って »

2011年5月 3日 (火)

第9節 横浜FC戦 & 第10節 水戸ホーリーホック戦に向けて

開幕戦が5得点の「爆勝」だったので表面化しなかったが、ベルマーレの課題が「攻撃力」であることが、この試合でハッキリわかった。一方、守備力は評価できる。問題なのは「攻撃」。

ラストプレイとなったFKを石神直哉が直接狙って外した時点で、ベルマーレには突出した「個」がいないことが確認できた。

佐々木竜太、巻佑樹、石神直哉。
J1チームから来た彼らの個人の力で何とかして欲しい試合だったが、何とかならなかった。

こんな展開の試合ではセットプレイからの得点が重要だが、相変わらずセットプレイから点が取れない...。

ベガルタ仙台のようにセットプレイで点が取れるチームなら、もっと相手がファウルを与えることを警戒してくるはず。セットプレイの得点力アップは、ファウル被害の防止にもなる。


突出した個がないのだから、これまでのベルマーレ同様、全員が泥臭く頑張っていくしかないと思う。
キレイに崩して行くだけでは、迫力が生まれない。この試合のように、相手の寄せが速いとシュートに持ち込めない。


途中出場で右サイドに入った岩上祐三(特別指定選手)はとても面白かった。
独特の緩急のリズムがあり、見事なロングスローを持っている。
プロ初出場とは思えないほど落ち着いていた。本番に強い選手と感じた。


さて水戸ホーリーホック戦である。
連敗は許されないから、何が何でも勝たなくてはならない一戦。
先日の横浜FCの選手と同じような気持ちで臨んで欲しい。

横浜の岸野さんは、重要なベルマーレ戦に元気のある新人・荒堀謙次をスタメンに抜擢し、それが見事に成功した。
反町さんにもそうした采配を期待したい。右サイドバックに、ぜひ岩上を先発させて欲しいところだ。

岩上のロングスローは膠着した展開の中で大きな武器になる。
佐々木1トップの4-5-1は機能しているとは思えないし、巻が股関節を傷めているようだから、最初から2トップが出来るか分からない。

菊池大介も一生懸命FKで良いボールを入れている。それに加えて岩上のロングスロー。
この試合はセットプレイでの得点がポイントになりそうだ。

とにかく点を取らなければ勝ち点3はない。
絶対、勝ち点3!

Pict0009
Pict0021
Pict0025
Pict0027
Pict0093
Pict0179
Pict0183
Pict0187

|

« なでしこリーグ開幕戦 日テレ・ベレーザ vs 新潟L | トップページ | 第12節 サガン鳥栖戦を振り返って »

サッカー」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9節 横浜FC戦 & 第10節 水戸ホーリーホック戦に向けて:

» <生観戦記・その1>4/30 キングベル0-1キングカズ(平塚)~立ち上がりの失点で、アレ?湘南(泣)な結末に【J特】 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
昨日は平塚競技場にサッカーの試合を見に行ってきました。 【2011.4.30 J2第9節:湘南ベルマーレ 0-1 横浜FC】                   (0 前半 1)                   (0 後半 0) 【得点者】前半1分 荒堀(横浜FC) 【入場者数】tm…... [続きを読む]

受信: 2011年5月 4日 (水) 05時39分

« なでしこリーグ開幕戦 日テレ・ベレーザ vs 新潟L | トップページ | 第12節 サガン鳥栖戦を振り返って »