« 第9節 横浜FC戦 & 第10節 水戸ホーリーホック戦に向けて | トップページ | 第13節 FC東京戦に向けて »

2011年5月17日 (火)

第12節 サガン鳥栖戦を振り返って

鳥栖は3位という順位どおりの好チームだったね。前からボールを積極的に取りに来るし、点が取れる選手がいる。選手がプレイに自信を持っている。

こちらのホームとはいえ、こういうチームに勝利するのは本当に難しいから、辛勝だったけれど「上出来」だと思う。試合もとても面白かった。


今季のベルマーレの「勝ち方」が分かった試合だね。


5得点で勝利した開幕戦では、「巻と佐々木の2トップを止められるチームはなさそうだな」とか「2人に頼り切ったつまらないサッカーになりそうだな」などと内心思ったりしたものだが、ちょっとJ2をナメてしまってたかな?某FCじゃないけど...(笑)。


結局、この日の高山薫のように相手より走り、巻佑樹のように相手よりファイトし、西部洋平のように「指先のワンタッチ」にかける、その執念で上回る。

こういう風にチーム全体が頑張って、本当に頑張って勝つしかない。
それが良く分かったよ。


まず高山薫の先発が成功したし、ダブルボランチの永木亮太とハン グギョンの2人の出来も素晴らしかった。
永木がゴールを決めたのも大きい。ボランチが積極的にシュートを打つ。これが前節まで足りなかったことだから。

パス回しがうまいし、J1経験者も多いものだから、キレイに安全に試合を運ぼうとする傾向があった。
これが攻撃の迫力不足、シュートへの消極性を生んでいた。

この鳥栖戦もシュート数7本だし、まだまだだけれど、明らかに攻撃に対する意識は変わったね。

現在前節までJ2首位の栃木SCは得点の半数がセットプレイによるものだそうだし、J1で奮闘するベガルタ仙台もセットプレイがお家芸。

一方ベルマーレは、セットプレイから全然点が取れていない。
この課題をクリアしない限り、J1昇格もその後の残留もないと思う。
何とかしてくれ!


それと、菊池大介は早く点を決めるように!
ベルマーレで一番シュートに積極的なのは彼だと思うし、その点は高く評価できるが、やっぱりシュートは決めてもらわなくては困るよ。次に期待している。

|

« 第9節 横浜FC戦 & 第10節 水戸ホーリーホック戦に向けて | トップページ | 第13節 FC東京戦に向けて »

サッカー」カテゴリの記事

湘南ベルマーレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第12節 サガン鳥栖戦を振り返って:

« 第9節 横浜FC戦 & 第10節 水戸ホーリーホック戦に向けて | トップページ | 第13節 FC東京戦に向けて »