« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の7件の記事

2011年3月20日 (日)

CTスキャン、エックス線の「たとえ」は、「未来」に対して無責任!

ホウレンソウと牛乳の放射能汚染の問題で、枝野さんは「日本人の平均摂取量を1年間とり続けたとしても放射線量は、牛乳でCTスキャン1回分、ホウレンソウでCTスキャン1回分の5分の1程度」と説明していた。

日本〜ニューヨーク間の空の旅、エックス線撮影、そしてCTスキャンと「たとえ」がどんどんスケールアップしてきているのがひっかかるが、何だか「大丈夫なのかな。」という気にもなる。


しかし良く考えると、そもそも妊婦さんは、CTスキャンどころか、エックス線撮影だって要注意、出来れば避けるべきものでしょう??

この「たとえ」は、アカンのではないだろうか?


政府や専門家の「たとえ」は、いつでもそこから立ち去れる「移動を手段を持った非住民」、そして「大人」。

乳幼児、胎児の方が放射線の影響が強いそうだが、なぜ、彼・彼女らのような弱者の立場からの発想が出来ないのだろうか?

発言力を持たない少数派かもしれないが、みんな大きな未来、可能性を持っている。

「未来に対するリスク」を、いったいどう考えているのだろうか?

こうした考え方ができない人たちだから、「命綱」のディーゼル発電機が全壊するというリスクを想像できなかったんだろう。愚かにも。

CTスキャン、エックス線の「たとえ」は、「未来」に対して無責任な態度だと思う。


いいお産の日inかごしま(NPO法人Reばーす)
心配な方は逃げてください

http://greentop.chesuto.jp/e552648.html

妊婦とレントゲン、CT
http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brown/2111/s_index_x_p.html


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

今聴きたい クラフトワークの「放射能」

radioactivity=放射能

チェルノブイリ、ハリスバーグ(スリーマイル島)、セラフィールドは、原子力発電所の重大事故が起きた土地。そしてヒロシマ・・・。ここにフクシマが加わるのか。

だれか(フクシマ・バージョンを)日本でカバーして欲しい。
坂本龍一さんとか、どう?

それとも本家・クラフトワークが? この際、コラボでどうだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

節電対策:自動販売機の間引き稼働

電力不足が予報されている関東地方で出来ること。

そのひとつに、「自動販売機の間引き稼働」があると思う。

自動販売機は冷蔵庫並の電力を消費するだそうだが、同じような種類の自販機がズラズラ並んでいるところは、自販機オーナーの判断で、1/3くらいにしてみてはどうだろうか?

飲料なら電源を切っても腐ったりしない。
ぜひ検討してみて欲しい。


災害に備えた自販機として「災害救援ベンダー」というものがある。
これは、災害時、無電源、無料で飲料を供給できるもので、身近でも見かける。
今回の震災で活躍しているだろうか。

災害救援ベンダー
http://www.reika.co.jp/02vending/vender.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

停電時に便利なグッズ〜パナソニック LED防滴ネックライト

震災初日の停電には参ったが、夜間にとても便利だったのが、この「パナソニック LED防滴ネックライト」。

アウトドアのテント内で使用するために買ったものだが、

・45gと軽く、使用しているのを忘れるほど
・ネックレスタイプなので、両手が使える

....と、とっても優れものなので、母親に使ってもらっている。
母も気に入っていて、夜寝る時も首から下げているようだ。


ヘッドランプほどの光量はないが、ヘッドランプのような「わずらわしさ」はない。
手軽だし、防滴なのもありがたい。

懐中電灯はどのお宅も常備しているはずだが、保持するのに片手が取られる。
このネックライトだと、両手を使って暗闇でもガスを使った調理なども出来る。


夜間のウォーキングなど、普段使いにも役に立つはず。
皆さんも、ぜひ使ってみて欲しい。



Amazon.co.jp 商品紹介
首からさげられて歩けて使えるの防災ライト。片手で使える簡単スイッチ。強・弱・点滅の調光機能。雨天でも使える防滴仕様。LED3灯で明るく、足元灯としても使用可能。ウォーキング時にマーカーライトとして使える点滅機能付き。電池寿命:強/約10時間、弱/約60時間、点滅/約100時間。使用温度範囲:0℃~40℃。質量:約45g(コイン電池を含む)。明るさ:強/約60lx(1m前方、電池初期時)、弱/約10lx(1m前方、電池初期時)。光源:白色LED×3個。電池:CR2032×2個(電池付)。明るさ約6倍(BF-973BP比較)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月12日 (土)

「空中避難」出来なかったの? 松島基地のF2。

今回の大地震で、宮城県の空自松島基地で、F2戦闘機18機のほか、T4練習機、U125救難捜索機など10機が水没した、とのこと。

F2は、1機約120億円するだそうだ。


F2戦闘機18機など水没 松島基地、1機120億円
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103110818.html


戦時中、敵機の空襲を受けた航空基地では、戦力温存策から「空中退避」を行うこともあったそうだ。

これは、地上にいると破壊されてしまうため、空襲が済むまで「空中に逃げている」ということ。

今回の大地震、大津波、この「空中退避」も出来ないほど、急激に来てしまったのだろうか。

スクランブル発進をする機種じゃないようだから、急発進して避難することは出来なかったのか。

いずれにせよ、もったいない話だ。

同基地の被害が最小であること、そして人的被害がないことを祈る。


航空自衛隊 松島基地
http://www.mod.go.jp/asdf/matsushima/


大きな地図で見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

第1節 ファジアーノ岡山戦を振り返って:素晴らしかったチームの一体感!

試合からすでに数日経つが、いまも思い出してニヤニヤしてしまう。
そして、次の週末が楽しみで、ちょっと不安でもある。
Jリーグのシーズンに入ったんだなぁ、と実感する今日この頃である。


2011年の開幕戦、湘南ベルマーレは5-0で快勝してスタートを切った。
どのチームも勝利にこだわる開幕戦。慎重な試合運びとなる試合が多いものだが、この大量点である。
開幕戦で5-0というスコアは、ちょっと聞いた事がない。

素直に、最高に素晴らしい開幕戦だったと思う。
5得点、そして無失点も素晴らしかったが、「チームの一体感」が感じられたことが何よりも素晴らしかった。
これが、サッカーの一番の魅力だと思う。


スタメンのうち新加入選手は、西部洋平、大井健太郎、石神直哉、巻佑樹、佐々木竜太の5名。
菊池大介は昨年は草津にレンタル、アジエルは怪我で出場なし、永木亮太と遠藤航は特別指定選手としてシーズン途中から出場。
つまり、このスタメンで昨シーズン通して出場していたのはキャプテンマークを巻いた坂本紘司と臼井幸平だけという、まったく刷新されたチームだった。

開始7分にセンターバックの大井に開幕ゴールが生まれた。
大井のヘディングシュートはGKの手に触れたのだが、今回の移籍に賭ける大井の気持ちが、ボールを押し込んだように見えた(これが入ると入らないでは大違いだ)。

この得点がセットプレイからではなく、インターセプトからの、流れの中での得点だったことが注目される。

ほぼ新メンバーのチームで、しかも緊張感の高い開幕戦。
その開始7分から、このようなリスクを負ったプレイが出た。
これは「チーム」が出来ていないと生まれないものだと思う。

まず、この補強を成功させた強化部が素晴らしい仕事をしたと思う。
20代後半のサッカー選手として脂の乗った、そして今シーズンに賭けている選手たちを獲得できた。

このチームには30代後半の超ベテランや、強烈なリーダーシップを発揮する超人的なプレイヤーはいないが、20代後半の経験豊富で意欲的な選手と、ベルマーレ在籍年数の多い「生え抜き」的な選手がいる。
全体のモチベーションが高く、バランスも良いように見える。

反町監督のコメントによると、ハーフタイムのロッカールームでは、監督の話を聞いていないかのように、選手間で積極的な意見交換が行われていたそうである。
これは、プロフェッショナルで自立した選手が中心になっているということで、監督が理想としている状況だと思う。


ベルマーレの2点目は、西部のゴールキックを巻が反らし、そのボールに走り込んだ佐々木がループで決めたもの。あっという間の得点劇だった。

この得点の素晴らしい点は2つあると思う。

まず、巻と佐々木、それぞれのストロングな部分が存分に発揮されたこと。

ハイボールの競り合いにほとんど勝利し、ファイト溢れるプレイでサポーターの心を掴んだ巻(単に跳躍力が優れているのではなく、競り方に様々な工夫をしている)。
常に相手DFのスキをうかがっている、典型的なゴールハンターの佐々木。

さすがJ1上位チームでベンチ入りしている選手はレベルが違う!
そして、特長の違う2人の組み合わせが「1+1=2以上」の破壊力を生んだ。
この「強力コンボ」を実現した強化部に拍手したい。


もうひとつは、直前にファジアーノ岡山の良い攻撃があり、それを西部がキャッチしたところから攻撃が始まっている点。「良い攻撃」が防がれた直後はスキが生まれ、失点しやすい。

この攻撃は、素早い「攻守の切り替え」から生まれたもの。
開幕戦のベルマーレは帰陣(攻守の切り替え)が素早く、攻める時は一気にゴール前に多人数が殺到してゴールを決めきった。

4点目のゴールは、巻が競ったところを菊池が佐々木に渡したことから生まれたもので、ここでも「巻+佐々木」のコンボ技が発揮されている。

この直前、岡山の選手交代があったのだが、これもスキが生まれやすい状況である。
そして、5点目は4点目の直後に怒濤のカウンターをしかけてPKを誘発したもので、これも相手のスキ、混乱に乗じたものだった。

昨年J1で最も感じたのは、「スキを与えると確実に決められてしまう」ということ。
重ね続けた悔しい失点の数々から学び、成長できたのではないだろうか。
こうした昨年の「糧」を見る事が出来たのも嬉しかった。


2トップの2人のスピードも、昨シーズンとは大きく違うと思う。
最前線から相手DFを高速で追っていけるので、中心選手のストヤノフを封じる事が出来た。
前線のスピードはJ1では絶対に必要な要素のひとつであり、高い位置からのプレス、そこでボール奪ってからの人数をかけた攻め、という今回見えた得点の形は、今後のJ2のリーグ戦でも大きな武器になると思う。


この5得点により、試合勘やスタミナに不安があるアジエル(50%くらいの出来だったが、さすが「神の子」。決定的な仕事をしてくれた)を出来るだけ長く使う事が出来たほか、怪我を抱えている坂本を引っ張らずに済むことが出来た。

さらに、長身の新人DFソン ハンキをピッチに送り、遠藤をボランチの位置に入れる余裕も生まれ、次節のジェフ千葉戦の「バスケットボール選手」対策のテストも出来た。

得失点差のお陰で首位スタートとなったし、やはり点は取っておくものだ。


良いことばかりではなく、課題もたくさん出た。
サイドからクロスをガンガン入れられる。CKを7本も取られる。シュートも多数浴びる。
これらは、09年とまったく同じ状況である。

ベルマーレの得点は相手のスキをうかがうものばかりで、磐田戦で前田に喰らったような「ピンポイントクロスにどんぴしゃ」という完璧な形のゴールは生まれなかった。

つまり、今季の目標に掲げている「自らが試合をコントロールしていく」という試合運びは出来なかったということなのだが、まずは「結果」が最も重要な開幕戦だし、良しとすべきだろう。
それより、上で述べたような「チームの和」が見られたことの方が重要だと思う。

今後の不安としては、快速2トップのコンディションがあげられる。
彼らはレギュラーとしてリーグ戦を戦ったことはないし、J2も初めてだ。
いつまでこのコンディションを維持できるのか。佐々木の不要なイエローカードも気になるところだ。

コンディション調整、怪我対策など、これからチャレンジしていくことになるし、現在控えとなっている田原豊らの力も必要になってくるだろう。みんな頑張って欲しい。


快勝できたし、課題も見つかったし、全般的にとても良い開幕戦だったと思う。
「胸スポンサーなし」で開幕戦を迎えることになったのが唯一「残念」だったが、勝ち続けることで道は拓かれるはずだ。


Pict0019
Pict0020
Pict0028
Pict0030_2
Pict0031
Pict0036
Pict0038
Pict0040
Pict0047
Pict0056
Pict0057
Pict0059
Pict0062
Pict0063
Pict0066
Pict0067
Pict0068
Pict0072
Pict0079
Pict0095
Pict0139
Pict0145
Pict0148
Pict0153
Pict0155
Pict0157
Pict0170
Pict0172
Pict0173
Pict0174
Pict0176
Pict0177
Pict0181
Pict0184
Pict0187
Pict0192
Pict0197
Pict0202
Pict0206

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月 6日 (日)

開幕戦に向けて...「ボールを前に運べ」るか?

昨シーズンを象徴する言葉が、反町監督のハーフタイムコメント「ボールを前に運べ」である。

昨年のJ1での戦いは、まさに「ボールを前に運べない状態」だった。
これはもう、監督、サポーター(?)としては、お手上げの状態である。


今年のベルマーレはセンターバックのジャーンが退団し、彼に匹敵する「何でも跳ね返す屈強型CB」は補強されていないが、逆に、前の選手やサイドバックの選手に、ボールを持てる選手、シュートまで持っていける選手が集められた。

今回のアジアカップの日本代表は、センターバック陣に不安を抱えていたが、前の選手にキープ力や、シュートまで持っていく力があったので、チームの「和」が成り立った。


ベルマーレは、この日本代表のように、まとまりのあるチームになって欲しい。


J2でしっかりと「ボールを前に運べ」て、シュートまで持っていけるようになれば、昨日の柏レイソルのようにJ1で快勝できるチームになれる。

レイソルは、ひとりずつのキープ力が高く、ボールの無いところでも複数の選手の動きがあり、繋ぎのアイディアも豊富な素晴らしいチームだった。


これまでのベルマーレは、「相手に攻めさせてカウンター」「サイドから入れても中央で跳ね返せばいい」といった戦い方であり、J2の精度の無さに助けられて昇格はしたものの、J1ではこれがまったく通用せずに見事玉砕してしまった。


「キープ力の高さで相手に攻めさせない」という、スペイン代表みたいなチームに変貌していかなくてはならない。
その「変貌」を開幕から見せることが出来るだろうか...?


選手や戦術がガラッと変わると、チームが馴染むのに時間がかかる。
それは、昨日の京都サンガ、清水エスパルスの戦いぶりを見れば分かる。

また、「開幕戦特有の緊張感」というのは(あの強力な)FC東京が、感じさせてくれた。


「ニュー・ベルマーレ」がいきなり見られるかどうか難しいところだが、思えば反町監督が就任した2009シーズンは、まったく新しいシステムで主力も変ったが、いきなり開幕5連勝を飾った。

開幕戦から、いきなり「ベルマーレ Mk.II」が発動したっておかしくはない。

しかし、「たぶん1点が遠いのだろうな」とか、「タイでの試合みたいに攻め込んでカウンターでやられやしないか」という不安も大きい。


たぶん佐々木竜太、巻佑樹の2トップが先発すると思うが、彼らはこれまでのベルマーレにいなかった、スケール感のあるストライカー。

この2人のパワーのあるプレイに、坂本紘司や石神直哉がどう絡んでいくか。

とにかく先取点! それで監督、サポーターの気持ちを早くラクにして欲しい。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »